英語の学習戦略 合格英熟語300から始める

ここからは大学受験のための英語学習戦略です。

 

まずフェイズ1(基礎受験学力構築フェイズ)では、受験英語に必要な、基礎知識を習得することを目指します。
最初は、語彙力です。

 

そのために『合格英熟語300』(ごま書房)の英文の丸覚えをします。

 

この本に載っている英文と和文を書き出して、ファイルを作りましょう。

 

英文ファイルを見て、和文を言ってみる。

 

そして次は、和文ファイルを見て、それに対応する英文を言ってみる。

 

これを何度も繰り返します。

 

 言えるようになったら、たまに紙の上に書き出してみます。

 

少なくとも100番まで、しっかり (和文)→(英文) ができるまで、これに集中してください。

 

他はやらなくても良いくらいです。

 

毎日10文ずつ覚える…というやり方では、まず覚えられません。

 

覚えた尻から忘れていきます。

 

だからとにかく100番まで覚えられるところまで一気に覚えて、翌日またチェック。

 

覚え残しを覚え直して、また翌日チェック。そんな感じで一気にやりましょう。

 

 『ランチェスター戦略』に「エリア戦略」と言うのがあります。

 

限られたエリアに全てのリソース(資源)を注ぎ込んで、そのエリアを攻略すると言うモノですが、そういう風にとにかく全精力を注ぎ込んで、まず100文覚えてください。


辞書を引く回数をとにかく減らす

 そうしてとにかく300文まで一通り覚えたら、次は英単語集に取りかかります。

 

合格英単語600』や『システム英単語』で英単語を覚えていきます。

 

その次には『英作文のストラテジー』などに進むという形になりますが、フェイズ1ではとにかく、合格英熟語300まるおぼえと、合格英単語600の単語を覚えることに全力を挙げてください。

 

 でないと入試問題集に当たっても、辞書を散々引かなければならなくなって、無駄な時間を使うことになってしまいます。

 

英文を1ぺーじ読むのに、辞書を十回も十五回も引かねばならないなら、さっさと覚えてください。

 

人生のムダ遣いです。

 

語彙力は、英熟語300と英単語600でとりあえず間に合うでしょう。

 

これだけ覚えておけば、長文読解でも勉強にあまり支障は来しません。

 

もちろん語彙力だけあっても英文は読めません。

 

だから英文の読み方も、学ばなければなりません。

 

 そのために今、一番お薦めなのは『大矢 英語構文講義の実況中継』(語学春秋社)です。

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策