TODOリスト やり残したことが目立つ仕組み

TODOリスト やり残したことが目立つ仕組み

1色を使うわけ

TO DOリストを作るときに、付箋を使う。

 

ただし『 色は、1色のみ、使ってください』。

 

 科目ごとに分けたい…ということもあるでしょうが、そうすると、意味がなくなります。

 

 なぜかというと、これは、優先順位を示すからです。

 

 最初、黄色の付箋を使っていて、次に青色に移ったとしましょう。

 

 そうしたら、一時期、黄色と青色の付箋が混じることになります。

 

 青色の付箋の中に、黄色い付箋があれば、それは『やり残し』です。

 

 つまり、やり残したことが色違いで、どんどん残っていくわけです。

 

 色違いは、目立ちます。

 

だからそれを先にやろうという意識が、働いて、それをこなせるわけです。

 

 ただし、どうしても残っていく付箋があったら、それをやるやり方を、再検討します。

 

 なぜそれが残るのか?
 その内容の、優先順位はどうか?
 できない理由は何か?
 そういうことを、再検討します。

 

 で、優先順位によって3つに分けて考え、対策を練ります。

 

 つまり、(1)それは、絶対にやらなければならないことなのか?
-----------
 YESなら、次に。

 

  NOなら、その付箋は捨てる。

 

(2)絶対にやらないことなら、いつまでにやらねばならないのか?
-----------
 1ヶ月以内なら、次に。

 

   2ヶ月以上後なら、新しい色の付箋に書き換えて、一番うしろに貼る。

 

(3)1ヶ月以内にやらねばならないなら、どうやるか。

 

----------- 
 とにかく、2日、それだけやってみる。

 

 もう少し細かく細分化してみる。

 

 要点だけ、暗記してみる。

 

 基本問題だけ、やってみる。

 

…などなど

 

そうやって、細かく対策を練っていくわけですね。

 


クセをつけよう

 基本的には、その日にやることだけを付箋に書き込んで、それが終わったらノートにドンドン貼り付けていく…、ただそれだけです。

 

 その日やることは、マインド・マップを見ながら考えればいいことですから、スケジュールは気にせず、体調が悪ければ、「寝る」「休む」とでも書いて、その通りにすれば構いません。

 

 それから、一週間たってもやらなかったことは、やるかどうかもう一度考えましょう。

 

 ええい! と全部一度はがしてしまって、保留にするモノは、成果ノートのうしろから貼っておけば、いいんです。

 

 その日にやる分だけ、始める前に書いて、それだけやる。

 

 目の前には、とにかく今やることのみ、付箋を貼っておきましょう。

 

(1)やると決める
(2)やることを具体的に表明する(付箋に書く)
(3)やる。

 

(4)やったことを記録する(やった付箋をノートに貼る。

 

箱にでも放り込む)
というサイクルを、毎日繰り返せばいいだけです。

 

やれなかったことは、やるかどうかもう一度考えて、また次の日に付箋に書けばいいだけです。

 

 淡々と、やりましょう。

 


スポンサードリンク

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

TODOリスト やり残したことが目立つ仕組み関連ページ

受験勉強は、量だ!
DLL(ダイナミック・リンク・ライブラリ)とは
勉強とダイナミック・リンク・ライブラリ(DLL)
百回やったら、突然わかるようになる
【願書提出】ゴールを再設定しよう
【願書提出】志望を落として後悔するくらいなら
【願書提出】行きたい大学へ行け。
大学は、中学や高校とは、まるで違うところ
進学するか、浪人するか。それが問題だ。
行きたい大学・学部に必ず挑戦しろ。
仮面浪人は、精神的に悪い。
仮面浪人は、やめておいた方が身のため
大学受験は、中途半端じゃ、受からない。
【受験直前】大学合格まで最後まで、突っ走れ
【受験直前】受験本番までにやること
直前は、復習より、初見の問題に当たれ
できないことを数えるな、できることを数えろ
しっかり準備したヤツが勝つのが人生
夏の暑さが、受験シーズンのスタート
できるヤツになる
安心して、ガムシャラにやってください。
できるヤツをまねる
黙念師容 まねることの難しさ
真似ができるのも実力のうち
できる身体になれ!
できるヤツになる方法・まとめ
付箋とTo Do リストで、効率アップ
マインドマップで大学合格までの道を考える
大学合格マインドマップ
やるべきことを小分けして、付箋に書く
一次試験、センター試験を甘く見るな
後になるほど難しくなる
入試は真冬、会場もアウェイ
記憶力には限界があるから工夫が必要
箸は何十年も使っているが、上達してない
イチローが結局、4割打てなかったわけ
【浪人の勉強法】目標を再設定する
【浪人の勉強法】生活のリズムを作る
【浪人の勉強法】易しい問題集からやりなおす。
裏技は魔法じゃなくて、タダの近道