受験勉強は、量だ!

受験勉強は、量だ!

量的な勉強と、質的な勉強

勉強には、量的な勉強と、質的な勉強があります。

 

 まず、量的な勉強とは、とにかくたくさんやることで、力を付ける勉強です。

 

 猪突猛進じゃないですが、とにかくガリガリやる。

 

手元にある問題集をとにかくガリガリやって、そして力を付けていく…そう言う勉強です。

 

 一方質的な勉強とは、まず要(かなめ)になっている部分を重点的にやるという勉強です。

 

そして身につけた知識を応用することに、重点を置く勉強です。

 

 公式や定理をしっかり覚え、それを展開していくという、そう言う勉強です。

 

 

 ではこの二つの勉強は、どっちが良いのでしょう?
 どちらが大切なのでしょう?
 受験生の多くは、恐らく「質的な勉強の方が良い」と思うでしょう。

 

 でも答えはハッキリしています。

 

量です!
 なぜなら質的な勉強は、量的な勉強があるレベルまで達しないと、できないものだからです。

 

 世の中にはどういうわけだか「質的な勉強ができれば、量は要らない」なんて言う人がいます。

 

もちろん世間は広いですから、そういう便利な、ずるい脳(?)を持った人は存在するでしょう。

 

 でも理論的に言うと、量的な勉強をした後でなければ、質的な勉強には移れません。

 

質的な勉強をするためには、量的な勉強を行った上で、その中にある共通点を見いださなければならないからです。

 


勉強というのは、とにかく量

 たとえば受験生が今、数学や理科で学んでいる法則は、ほぼ全部、量的な研究の成果です。

 

 山ほどの計算をしてみたり、山ほど実験してみたり、山ほど観察に出かけたり…と、そういう量的な研究を経て、その中に質的な法則を見いだし仮説を立てる。

 

 その仮説が正しい(妥当)かどうかをまた、大勢の人間が山ほど計算したり実験したり観察したりして確かめる…それがつまり『法則』とか『定理』という質的成果を生むわけです。

 

「質的な勉強だけでいい」というのは、その『法則』や『定理』だけを学んで、それだけで済まそうということなんでしょうが、なかなかそうは問屋が卸しません。

 

 というのも法則や定理を使うのにも、山ほどトレーニングが必要だからです。

 

 たとえば「数学は暗記だ」「青チャートだけで東大に合格できる!」というWさんの本によると、東大を攻略するための時間は1000時間?2000時間もやればよいと言うことです。

 

 2000時間を2年かかってやるとすると、これだけで毎日一日も休まず3時間以上やれと言うことですが、実はこれに加えて合間の時間に『京大式カード』という大判の単語カードを使ってどんどん暗記をするとか、受験生仲間と問題の解き合いをしろとか、山ほど書いてあります。

 

 一日も欠かさず3時間やって、しかもその他の時間も勉強のに関する努力をするわけですから、これが質的な勉強だとは、とても言い難いでしょう。

 

 勉強というのは、とにかく量なのです。

 

 そして集中して量をこなして初めて、質的な勉強というモノができるようになるのです。

 


スポンサードリンク

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

受験勉強は、量だ!関連ページ

DLL(ダイナミック・リンク・ライブラリ)とは
勉強とダイナミック・リンク・ライブラリ(DLL)
百回やったら、突然わかるようになる
【願書提出】ゴールを再設定しよう
【願書提出】志望を落として後悔するくらいなら
【願書提出】行きたい大学へ行け。
大学は、中学や高校とは、まるで違うところ
進学するか、浪人するか。それが問題だ。
行きたい大学・学部に必ず挑戦しろ。
仮面浪人は、精神的に悪い。
仮面浪人は、やめておいた方が身のため
大学受験は、中途半端じゃ、受からない。
【受験直前】大学合格まで最後まで、突っ走れ
【受験直前】受験本番までにやること
直前は、復習より、初見の問題に当たれ
できないことを数えるな、できることを数えろ
しっかり準備したヤツが勝つのが人生
夏の暑さが、受験シーズンのスタート
できるヤツになる
安心して、ガムシャラにやってください。
できるヤツをまねる
黙念師容 まねることの難しさ
真似ができるのも実力のうち
できる身体になれ!
できるヤツになる方法・まとめ
付箋とTo Do リストで、効率アップ
マインドマップで大学合格までの道を考える
大学合格マインドマップ
やるべきことを小分けして、付箋に書く
TODOリスト やり残したことが目立つ仕組み
一次試験、センター試験を甘く見るな
後になるほど難しくなる
入試は真冬、会場もアウェイ
記憶力には限界があるから工夫が必要
箸は何十年も使っているが、上達してない
イチローが結局、4割打てなかったわけ
【浪人の勉強法】目標を再設定する
【浪人の勉強法】生活のリズムを作る
【浪人の勉強法】易しい問題集からやりなおす。
裏技は魔法じゃなくて、タダの近道