ベストセラーに敏感になれ

ベストセラーは、入試問題に大きな影響を与えます。

 

理由は簡単です。

 

ベストセラーになるような本は、どこかの部分で、社会や人間の本質に迫っている場合が多いからです。

 

あるいは、その時代時代の気分に合っていることが多いからです。

 

たとえば養老孟司先生の『バカの壁』。

 

「話せばわかる」なんて、嘘っぱちだ。

 

バカとの間には、越えられない壁がある。

 

教え子からオウム真理教の殺人医師を出してしまった脳医学者が、考え抜いて達した結論です。

 

 この本が超ベストセラーになったのは、きっと、他人とのコミュニケーションに悩む現代の世相を反映したものでしょう。

 

「話せばわかる…なんて言うけれど、そんなことなかなかできないよなあ…」

 

 そんな風に考えている多くの人に 「そのとおり!」(児玉清風/博多華丸風)と教えてくれるこの本は、記録的なヒットとなりました。

 

 だからこの本の内容に関連する問題が、去年は多くの大学・高校で出されました。

 

『バカの壁 入試問題』で検索すると、小論文のテーマとか、討論のテーマなどでよく採用されています。高校入試でも、けっこう出題されています。

 もともと養老先生の本は、何が書いてあるのかよくわからないが、何か価値のあることが書いてありそう…というモノが多いので、入試問題では最近よく使われているそうです。

 

 私もかなり前に、文庫を一冊買って読みましたが、

 

「ああ、改行もほとんどないし、読みにくすぎる」
「著者の価値観がわからないと、意味が全然わからん」
と言う感じで、読むのを諦めました。

 

 他にもやることはたくさんありますからね(^o^)

 

 でも、こういう、

  • 多少(あるいはかなり)読みにくくて、
  • 著者の価値観が、世間一般の価値観とは異なる

というテキストは、入試問題には最適なんです。

 

 というのも

  • 何が書いてあるのか、すぐにはわからない。
  • 自分(受験生)の価値観と著者の価値観が食い違っていることに気づかないと、正答にたどりつけない。

からです。

 

メルマガの方でも紹介したけど、来春の入試で何らかの形で出題される可能性の高い『格差社会』というテーマ。

 

夏頃には、『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』の本を、必読書にオススメしましたが、このテーマは難しいし、まだわかりにくい。

 

それにWeb進化論は、ネットに興味のある人・ネット利用者に有利で、そうでない人には不利という点もあるので、出題されるなら、格差社会の方だろう。

 

そういうわけで、受験生がとにかく読んでおくべき本を探していましたが、やっぱりこの『論争 格差社会』が、一番!

 

必ず読め!

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る