しっかり準備したヤツが勝つのが人生

しっかり準備したヤツが勝つのが人生

合格してもおかしくない受験生はたくさんいる

 3月になりました。

 

 いよいよ合格発表の週です。

 

 国公立大学を受験された方には、まもなく審判が下ります。

 

 希望の大学・学部に合格された方は、おめでとう。

 

 少し休んでから、次の目標・ゴールに向かってゆっくり歩き始めましょう。

 

 残念ながら合格できなかった方は、次のチャンスに全力を尽くしましょう。

 

 後期試験もすぐ目の前、落ち込んでいる暇はありません。

 

 すぐに準備を整えましょう。

 

 もちろん合格・不合格は、時の運です。

 

 試験が終わった後に、合格間違いなし…と思っても、ボーダーライン付近には、何人もの合格してもおかしくない受験生がいるのです。

 

 たった1点の差で、合格・不合格が決まることも、よくあります。

 

 たった1点の差で合格しても、東大生は東大生だし、京大生は京大生。

 

 ギリギリ合格した方は、大喜びして大学に通いましょう。

 

 1点差でも、そこまで点数を取る努力をしたことには間違いない。

 

 胸を張って、進学しましょう。

 

 しかし、1点差で落ちた人は、大いに反省しなければなりません。

 

 合格するのに十分な努力をしてきた人は、ギリギリでも合格するものです。

 


勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

「いつ」「どこで」「何をすればいいか」、それを常に頭に置いて勉強してきた
人は、たいてい合格できます。

 

 なぜならそういう人は、本番の途中で失敗に気づいても、「いつ」「どこで」「何をすればいいか」というモノの考え方ができるので、失敗を最小限に抑えられるからです。

 

 前回、京大の英語の問題を紹介しましたが、英文和訳の大問一つが壊滅的でも、和文英訳をちゃんと準備してきた人なら、合格ギリギリの答案を作ることは可能だったでしょう?
 だからそういう努力をしてきた人が、不運にも落ちる…、ということはないと思いましょう。

 

『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』といいます。

 

 勝つときは、理由がなくても勝てます。

 

 相手が勝手に負けてくれれば、勝てます。

 

 一方、負けるときと言うのは、必ず敗因があるのです。

 

 負ける原因をそのままにしたまま勝負に出たのですから、それは当然です。

 

 合格する人は、敗因を極力作らないように準備してきた。

 

 不合格になった人は敗因の芽をつみ取らず、「うまくいくさ」とタカをくくっ
ていた。

 

 学校や塾の講師が、口を酸っぱくして生徒に敗因を作らないように指導しても、結局は本人の自覚次第なんです。

 

 失敗して初めて気がつく。

 

それが人間なのです。

 

 失敗した人は、そこんところをもう一度考えて、次のチャレンジに生かしま
しょう。

 

 


オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る