大学合格まで、最後の数週間、突っ走れ

あなたが行く大学は、決まりましたか?
 決まったなら、すぐに勉強を始めましょう! まずは過去問を、時間通りにやってください。

 

 一番新しいモノで良いと思います。

 

 センター試験は、1科目が60分で、85%くらいの得点を取る必要のある試験でしたから、速さと正確性が大事でした。

 

でも2次試験は、120分以上の時間で、60?75%の点数を取ればいいテストです。

 

 問題の数も、難易度も、問題の傾向や合格得点率も、センターとはまったく別のテストですから、早くゴールを再設定しましょう。

 

 気持ちを切り替えるには、模擬テストのようなことをくり返しやることです。

 

 そうして、どの科目はあと何点くらい必要か、それを取るためには、何をすればいいかを、マインドマップやマンダラ・チャートにどんどん書いていきましょう。

 

 そうしたら、だんだん体勢が整ってくるはずです。

 

 そしてゴールをしっかり見据えたら、あとは走り出せばいいだけです。

 

読みやすい答案を作ろう!
 自然な日本語を書くと言うことに、気を付けましょう。

 

 採点官は、あなたとはなんの面識もない他人です。

 

 初めて会う人に対して説明するんだという気構えで、答案を書きましょう。

 

 図やグラフは、子供や後輩に見せて説明するようなつもりで描き、説明には、句読点を多めに入れましょう。

 

 英文和訳で、わけのわからない日本語を書かないように。

 

 玉虫色の、どうとでも意味が取れそうな答案は、×です。

 

ここではきものをぬいでください…なんていうのは、ダメです。

 

 確実に意味をつかんでいるよ…ということを、ハッキリ示さなければなりません。

 

 記述試験ですから、減点しようと思えば、いくらでも減点できますので、・必要なことは書く、・不必要なことは書かない。

 

ということが大事です。

 

 そして失点を1点でも減らし、点数を1点でも多く積み重ねることが大事です。

 


勉強しすぎで、消耗しないように

 それからもう一つ。

 

コンディショニング(体調管理)に気を配りましょう。

 

 試験や勉強しすぎで、消耗しすぎないように気を付けてください。

 

 併願で私学も受けられると思いますが、試験というのは、もの凄く消耗します。

 

 勉強しすぎや、夜食なども、頭をぼやけさせる原因になります。

 

 ですから、疲れたらすぐに、しっかり休むように。

 

 2次試験までは、4週間ありますが、1週間くらいは風邪などでダウンするのも想定に入れて、合格計画を立ててください。

 

 勉強時間も、不安でしょうが、少し減らしてください。

 

 理系の人なら、英語2?3時間、数学2?3時間、理科2?3時間くらいが限度です。

 

それ以上やってもムダです。

 

残り時間が少ないのですから、ムダなことは極力排除しましょう。

 

 頭が働かなくなってきたら、それ以上やってもムダ。

 

 体操でも呼吸法でもストレッチでもやって、休メ。

 

 30分以上取り組んで、それでも解法の糸口が見つからないなら、それ以上やってもムダ。

 

 付け焼き刃でもいいから、解答を丸ごと覚えて次へ進メ。

 

 

 そして試験は昼間で、アウェイなんですから、早寝早起きして、試験時間に合わせた生活をする。

 

 遠くに受験しに行くのなら、暇な時間で受験先の情報を集めておく。

 

 とにかく準備・準備・準備、です。

 

 まずは       あなたが行く大学を決めて、願書を出せ!
 これが今のあなたのミッションです。

 


広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策