裏技は魔法じゃなくて、タダの近道

裏技は魔法じゃなくて、タダの近道

裏技は魔法じゃなくて、タダの近道

受験勉強でよく、裏技を求める人がいます。

 

が、裏技というのは、なかなかありません。

 

あっても、そう言う人には使えないのが実際です。

 

たとえば、私はずっと、・英単語より先に英熟語を300覚えろ、・しかも例文丸ごと覚えろ、と書いてますが、こう言うのも裏技の一種でしょう。

 

しかしなかなかこれを素直に実行してくれる人は、少ないのが現状です。

 

英単語を1900個覚えるより、熟語を300覚える方が、分量も少ないし、全然簡単なはずなんです。

 

ところが、なぜかそれができない。

 

英文を丸覚えするクセがないので、なかなか難しいという事もあるでしょう。

 

そう言う場合は、熟語だけでも覚えれば良いんです。

 

それだけで問題集の英文を読むのが相当楽になります。

 

ところが何だかんだ言って
やんない人が多いんですね。

 

やらないから、問題集の英文を読むのにも四苦八苦して、勉強が全然進みません。

 

で、何をやっているかというと、覚えきれない単語集を延々覚えている。

 

それで英語の点が上がらないと怒っている。

 

こういう人がなぜか、裏技を求めてくる。

 


勉強の順番も、裏技の一つ

裏技って結局、ショートカット(早道)でしょう?
ショートカットの方法を教えているのに、なのにやんない。

 

自分なりのやり方にこだわっている人は、裏技なんて求めてもムダです。

 

正攻法があって、そして裏技があるわけです。

 

地道な計算で答えが求められるという前提があって、それよりも速く答えが出せる方法というのが、生きてくるわけです。

 

英単語を1900覚えて、英熟語を600覚えると言う順番だと、重複も多いし、復習に時間がかかるので無駄が多い。

 

問題集の英文も、なかなか読めるようにならない。

 

なのでまず英熟語を300覚えて、英単語を600覚えて、問題集の英文を読めるようにすることが先決。

 

わたしなど、1ページの英文を訳すのに、ものすごい回数辞書を引くという
とんでもない勉強法をしていましたから、これがいかにムダで、勉強時間を削っていたか、身にしみてよく知っています。

 

今だって、そう言うやり方をしている人が結構いますから、とにかくまず覚えること。

 

最初に、最低限必要な熟語と
最小限必要な英単語を押さえておくこと。

 

これは英語の勉強で、非常に大きな時間節約になりますから、是非これだけは押さえておいてください。

 

あとはシス単のCDとか英単語ピーナツのCDをデジタルオーディオプレイヤーで聴いて
語彙を少しずつ増やせばよい。

 

英単語ピーナッツは千円だし、デジタルオーディオプレイヤーも、2GBタイプで十分安いのがありますから、費用的にも負担にならないはず。

 

そうやって、効率よく受験勉強を進めるのが良いです。

 


オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る