2浪して東大合格? 豪腕コーチング、2年後

テレビ東京で2年前に放送していた豪腕コーチング。

 

その中で、1年間、トップクラスのコーチがつけば、芸人も東大に合格できるか? という企画があった。

 

で、山崎邦正さんとか、レイザーラモンRGさんとか、いとうまいこさんなどが挑戦していたのだが、残念ながらセンター試験の点数が足りず、全員足きりにあってしまった。

 

で、そのメンバーがもう一年、勉強して去年、シャカの植松、一人だけ1次試験を通過したが、やはり東大合格はならなかった。

 

さすがにこれで全員あきらめるかと思ったら、たった一人、東大合格に再々挑戦している芸人さんがいた。
モンキーチャックのちゃごさんだ。

 

早稲田卒で、東大に一番近いと言われ、模試の判定もかなり良かったのに、なんとセンター試験で3点足りずに、2次試験にすら進めなかった。

 

それがやはり悔しかったんだろうね、もう一年挑戦するという。

 

志望は文科3類だが.。

 

ちゃごさん、3年間目に入って、模試はとうとうA判定までこぎつけた。

 

難関大学のA判定なんて、普通とれないよ。

 

難関の場合は、いくらできても合格確率は5割。

 

だから普通はA判定なんか出さないのが普通だ。

 

英語の偏差値は74以上。

 

ただなんというか、数学がやっぱりダメ。18点しかとれていない。

 

この辺がやっぱり気になるところだ。


しかし東大でも京大でも、文系の場合は数学1問完答でも合格するという豪傑がいるから、全くダメとも言えない。

 

しかしやはりセンター試験が気になる。

 

3年目ともなると、さすがに足きり点以上はとれるだけの勉強をしているとは思うが、東大合格にはそれでは足りない。

 

開成高校の東大合格者数も、センター試験の難易度でかなり変わるというから、努々(ゆめゆめ)おろそかにはできないのだ。

 

得点が5分の1に圧縮されるとはいえ、10点違えば合格できたモノも合格できなくなる。

 

センター得点による1次試験の結果は、...合格。

 

東大合格なるか?というところだが、ここから実は倍率は3倍。

 

センター試験で同じくらいの点数を取ったヤツが、3倍の競争率の中で競うから、マイナス要因は一つあっても致命傷。

 

問題は数学とセンターの点数だ。

 

ちゃごさん、2次試験終了後の感想は、「模試よりもできた」という感想。

 

うわーーーーーーー。

 

これはちょっと、まずいんじゃないかね?

 

こういう感想が出るときと言うのは、良い結果が出ないことが多い。

 

こういう場合は、失敗したことに気がついていないというパターンが多かったりするんや。

 

全力を出して最後の最後までがんばったら、ヘトヘトで、疲労困憊状態。

 

しかも後悔が後を絶たなくても、おかしくないんだね。

 

ホントに合格するには、危ない感想だ。

 

ただ、模試でA判定を出しているから、そのときと同様の感覚なら、合格の可能性もある。

 

でさて、2次試験の合格発表の日が来た。

 

豪腕コーチングで勉強をともにしたメンバーが赤門前に集結し、結果を見に来たちゃごさんを応援する。

 

その結果は、いかに?

 

ちゃごの東大受験ファイナルカウントダウン

 

うーん、やはり...

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策