直前は、復習より、初見の問題に当たれ

直前は、復習より、初見の問題に当たれ

分からない問題でも、とにかく問題をにらもう

大学受験はまもなく国公立の2次試験ですね。

 

その前に私学の試験もあるわけで、センター試験が終わったあとというのは、5週間あると言っても、ほとんど何もすることがないわけです。

 

じゃあ、復習や過去問ばかりやっていればよいかというと、そうでもないんです。

 

復習も過去問も、一回見たことのある問題だから、頭がそれほど働かないんですね。

 

既習の問題を解くときと
初見(初めて見る)の問題を解くときとでは、頭の使い方が違うんです。

 

模試や試験会場で、問題を見た瞬間
「全然わからん、、、、」と思った人も多いでしょう。

 

とくに国公立一本で、浪人がかかっている本番の入試では、「うわ、まずい、落ちてしまう、、、」と
さらに焦ったりします。

 

たとえ解ける問題であっても、初見の問題となると、そうやって解法の糸口さえつかめないことが多い。

 

だから復習や過去問ばかりやっていたら、頭は解法の糸口を探す事を忘れてしまいます。

 

頭が糸口を見つける作業は、入試では最重要ですから、この能力を常に磨いていなくてはいけません。

 

だから受験直前は、毎日、新しい問題に当たっていないと、いけないわけです。

 


 

 

新しい問題を毎日やる場合、必ずそれは解かねばなりません。

 

わからないから、またあとで、はダメなんです。

 

だって、入試本番でそんなことはできませんから。

 

たとえ全くわからなくても、問題をにらんで、どこかに解法の糸口がないか、探さないといけません。

 

英語でも、数学でも、とにかく問題をにらんで、どこかに分かるところはないか、ヒントになるものがないか、もがく必要があります。

 

印を付けたり、表を作ってみたり、絵や図を描いて色々考えてみたり、何が何でも解かないといけません。

 

だから少なくとも英語と数学は、週に3回以上は新しい問題に当たってください。

 

新しく解く問題は、同じレベルの学校の過去問でも良いですし、書く予備校が出している実践問題集でもいいです。

 

あるいはネット上にアップされている、私立大学の問題も、使えます。

 

最後の最後まで、もがきましょう。

 

スポンサードリンク

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

直前は、復習より、初見の問題に当たれ関連ページ

受験勉強は、量だ!
DLL(ダイナミック・リンク・ライブラリ)とは
勉強とダイナミック・リンク・ライブラリ(DLL)
百回やったら、突然わかるようになる
【願書提出】ゴールを再設定しよう
【願書提出】志望を落として後悔するくらいなら
【願書提出】行きたい大学へ行け。
大学は、中学や高校とは、まるで違うところ
進学するか、浪人するか。それが問題だ。
行きたい大学・学部に必ず挑戦しろ。
仮面浪人は、精神的に悪い。
仮面浪人は、やめておいた方が身のため
大学受験は、中途半端じゃ、受からない。
【受験直前】大学合格まで最後まで、突っ走れ
【受験直前】受験本番までにやること
できないことを数えるな、できることを数えろ
しっかり準備したヤツが勝つのが人生
夏の暑さが、受験シーズンのスタート
できるヤツになる
安心して、ガムシャラにやってください。
できるヤツをまねる
黙念師容 まねることの難しさ
真似ができるのも実力のうち
できる身体になれ!
できるヤツになる方法・まとめ
付箋とTo Do リストで、効率アップ
マインドマップで大学合格までの道を考える
大学合格マインドマップ
やるべきことを小分けして、付箋に書く
TODOリスト やり残したことが目立つ仕組み
一次試験、センター試験を甘く見るな
後になるほど難しくなる
入試は真冬、会場もアウェイ
記憶力には限界があるから工夫が必要
箸は何十年も使っているが、上達してない
イチローが結局、4割打てなかったわけ
【浪人の勉強法】目標を再設定する
【浪人の勉強法】生活のリズムを作る
【浪人の勉強法】易しい問題集からやりなおす。
裏技は魔法じゃなくて、タダの近道