日本語は曖昧でも通じる言葉、でも英語はダメ

日本語は曖昧でも通じる言葉、でも英語はダメ

和文英訳が得意だと思っている人は、点数が取れない

 難関大学を受験しようという受験生で、和文英訳が簡単だと思っている人は、「考えが相当甘い」と言わざるを得ません

 

 我々が使っている日本語というのは、母語ですし、また言葉の並べ方等もかなり曖昧です。

 

なので英文から和文に直すときには、かなりいい加減に訳文を作っても、日本語としてとりあえずは認められます。

 

 たとえば合格英熟語300の最初の文

I didn't recognize him at first.

を、'

私/しなかった/認識する/彼/最初/

と言う風に、単語ごとに日本語に直して、適当に文を作れば英文和訳は合格点をもらえるでしょう。

 

「私は、最初、彼を認識しなかった」
「私は、最初、彼のことがわからなかった」
「私は、最初、彼が誰だかわからなかった」
「彼が誰だか、私は最初、わからなかった」
「最初、彼が誰だか、私にはわからなかった」

 

 これらの文は、日本語としては微妙に意味が違いますが、意味は分かるような気がします。

 

ただもう少し厳密に見ると、やはり言葉が足りない。

 

一番目の文は、一体「私」が彼の何を認識しなかったのか不明です。

 

二番目の和文は、文脈によっては「彼が何を言っているのか意味がわからなかった」「彼が何をしようとしていたのか、わからなかった」というふうな意味になります。

 

なので元の英文と一対一に対応した和文ではありません。

 

英文に一番近いのは、三つ目以降の和文と言うことになります。

 

recognizeをワードパワー英英和辞典で引くと、第一義に
「以前見た(聞いた)ことがあるモノを、再度わかる」
とありますから、これらは一番目・二番目の訳文より、はるかに具体的な訳文です。

 

 が上の例文の訳文としては、一番目も二番目も、まあ○をもらえるでしょう。

 

 英文和訳がそこそこできていると思っている人は、実はそういう日本語の曖昧さに助けられて、点数を取っているのかもしれません。


 ですが、和文英訳となると、そんなに甘くはありません。

 

 たとえば和訳例の二番目の「私は最初、彼のことがわからなかった」という和文を英文に直せという問題が出たら、すぐに

 

    I didn't recognize him at first.

 

が出てくるでしょうか?'

 

 もしすんなりとこの英文が出てきたら、素晴らしいことは素晴らしい。

 

 スタートレックのピカード艦長なら「エクセレント!」と、言うでしょう。

 

 でもすんなりこの文が出てきて「できた!」と思っている人は、京大などの和文英訳で点数を確保するのは、かなり難しいでしょう。

 

 というのも三番目以降の和文だったら、この英文で◎ですが、二番目の和文を英訳する場合は、もしかすると×かも知れません。

 

 なぜなら「彼が、わからなかった」とは具体的にはどういう意味なのか、考えていないからです。

 

 彼の言うことがわからなかったのか、彼の性格がわからなかったのか、彼のとった行動がわからなかったのか、そして彼が誰だかわからなかったのか。

 

 何がわからなかったかによって、英文は全然違ったモノになるはずです。

 

 曖昧な日本語表現が、何を意味しているのか分析し、それをビシッと、しかもしっかり語順を整えて英文に直さなければ、0点です。

 

★英文和訳 → 日本語自体が曖昧なので、日本語表現が少々まずくても点数がとれる (それになんたって、書くのは母語ですから)

 

★和文英訳 → 曖昧な和文から文意を正確に読みとれないと、まるで点数にならない。 (さらに、書くのは異国の言葉ですから、さらに点数になりません)

 この辺がわかっていない受験生は、和文英訳で取れると予定している点数が全く取れません。

 

 得意な科目で、ライバルより30点くらい点数が取れるなら、それでも充分合格できるのですが、今から30点捨てる必要もないでしょう。

 

 言葉にもう少し、いやかなり、敏感になりましょう!

 

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る