どうすれば、できる身体を作ることができるの

できるヤツになるためには、できる身体をつくらなければなりません。

 

でもどうすれば、できる身体を作ることができるのでしょう?
 これをできるヤツに尋ねても、教えてはくれません。

 

なぜならできるヤツというのはたいてい、小さい頃に何かを一生懸命やっていて、いつの間にかできるようになっていた人たちですから。

 

「子供の頃から、ずーっとやっていた」
「飽きるまで、できるまで、ずーっとやってた」 
 きっと、そんな答えしか、帰ってこないでしょう。

 

 できるヤツになるためには、できる身体をつくらなければなりません。

 

 でもどうすれば、できる身体を作ることができるのでしょう?
 これをできるヤツに尋ねても、教えてはくれません。

 

なぜならできるヤツというのはたいてい、小さい頃に何かを一生懸命やっていて、いつの間にかできるようになっていた人たちですから。

 

「子供の頃から、ずーっとやっていた」
「飽きるまで、できるまで、ずーっとやってた」 
 きっと、そんな答えしか、帰ってこないでしょう。

 

 彼らはきっと、子供の頃からオモシロがってそれを無我夢中でやっていたのです。

 

 知識が増えることを快感に思っていたのか、それとも答えが合う達成感を追いかけていたのか、そのあたりはよくわかりませんが、とにかく無我夢中でやっていたのです。

 

 そして実は、今も子供の状態です。

 

 子供というのは、オモシロいと思うと、もうそればっかりやっていますが、そんな状態です。

 

そういう状態で、どんどんできるヤツになっていったのです。

 

 では彼ら彼女らのように、できるヤツになるためには、どうすればいいでしょう?


子供心に戻れ

 

 答えは簡単です。

 

あなたも、オモシロがってやるだけです。

 

言ってみれば「子供心に戻れ!」ということです。

 

 でもそんなに簡単に、子供のようにオモシロがって勉強することなどできないでしょう。

 

ならば、簡単な問題集に戻って勉強するというのも、有効な手段です。

 

 問題が解けないのは、面白くないです。

 

それならドンドン解けて面白いレベルのところまで戻って、そこからやりなおせばいいのです。

 

 受験問題集が難しければ、1?2年生向けの薄っぺらい問題集をやってみる。

 

それも満点取れなければ、高校入試用の問題集をやってみる。

 

そうすることによって、新たな発見や自分の弱点が見つかったりします。

 

 だから私は「?が苦手なんですが…」というお尋ねには、いつも「小学生高学年の問題集から始めましょう」とか、「スラスラ解ける、簡単なうすっぺらい問題集から始めましょう」というアドバイスをしているわけです。

 

 ところがそうアドバイスしても、「そこまで戻る必要はないんじゃないですか?」ということを言ってくる人が殆どです。

 

 自分は高校生なんだから、小学生の問題集なんて…と、ヘンなプライドがあるのでしょう。

 

 でも国語なんて、小学校高学年くらいの問題集でも、なかなか満点は取れません。

 

小学生レベルでも、あらすじを過不足なく書く問題などは、相当難しいのです。

 

ましてやその答えを出した理由を尋ねられても、うまく答えることは難しい。

 

 数学だって中3くらいの証明問題なら、ちゃんとした答案を作るのは難しいはずです。

 

だからやる価値は十分にあるのです。

 

 武術だってダンスだって、壁にぶつかったら基本の動作に戻りますし、さらに歩くことや立つことまで検討し直すこともよくあります。

 

中にはハイハイからやるところだって、あるのです。

 

 何かの技を会得したりプラトーを打破するために、一番最初まで遡るのは極々普通のことですから、困ったときは必ず少し前に戻る。

 

それでもダメなら、最初まで戻る。

 

それができるヤツになる究極奥義です。

 


広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策