メンタル・バンク・ポイントを貯めよう!

メンタル・バンク・ポイントを貯めよう!

脳は常に成功している?

最近(と言っても一ヶ月以上前ですが)、ある本を読みました。

 

 それは、『なぜ「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?』という本です。

 

 この本は、頑張っているはずの人が、なぜ成功しないのか、そしてどうすればよいのか、そこに焦点を当てた本です。

 

「自分では、頑張っているつもりなんやけど、どうしてもうまくいかん」 
「頑張ってるつもりやのに、成功せん」

 

 そんな人が飛びつきそうなタイトルですが、さらに腰帯には、
「プラス思考は失敗する」

 

なんてことが書いてあって、今までプラス思考しようとしていた私には、さらに魅力的。

 

 Amazonのカスタマーレビューでも、★四つですから、もうすぐに注文してしまいました。

 

 で、中身なんですが、最初にこんなことが書いてあります。

 

あなたはすでに、成功している!

 

 うーん、ケンシロウの「おまえはすでに、死んでいる」みたいなセリフですが、意味するところは
「あなたは自分のなりたい自分に、必ずなっている。
だた、そのなりたい自分のイメージが、悪い(貧弱すぎる)のだ」と言うことです。

 つまり「オレは、東大なんか受からない」と心の中のどこかで思っていると、何度東大を受けても不合格になってしまう。

 

 それって、不合格だから失敗のように見えるけれど、潜在意識のイメージを実現するという意味では、ちゃんと成功していることになる。

 

 だから、「あなたはすでに、成功している!」ということになるんだとか。

 

 車の運転免許の教習なんかでも、
「ぶつかるんじゃないか、と思ったら、そっちに引き寄せられるからね」
「そういうときは車を止めて、ぶつからないイメージを描いてから進め」

 

と言われたりしますが、
「合格するほど勉強してないから、落ちる」

 

というイメージが潜在意識の中にあれば、結局落ちることが実現してしまう。

 

 だから、潜在意識の中に、自分の本当に実現したいことを、刷り込まないと、それは実現しませんよ… と、書いてある。

 

 ただし、世にある「プラス思考」では、それは実現できません。

 

 というのも、成功したイメージを文字で書き出したり、絵を描いて毎日見たりしている人はたくさんいるが、成功する人はほんの一握りなんだとか。

スポンサードリンク

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加