行きたい学部・学科の決め方

学歴は、現代社会における資産の1つだ。

 

資産というのは『金持ち父さん・貧乏父さん』の説明によると「持っていると、それだけで何らかの価値をもたらしてくれるもの」ってことになります。

 

たとえば、<東大卒>とか<京大卒>っていう情報は、それだけで何らかの利益を、卒業生にもたらしてくれるってことですね。

 

ただし資産と呼ぶには、どこの大学でもいいわけじゃありません。

 

世の中に広く知られていたり、卒業生が多かったり、特定の業界では有名だったりする大学でないと、資産にはなりません。

 

でないと、<消費>あるいは<浪費>になってしまいます。

 

『平成ホゲララ大学』が、いくら偏差値が高い大学であったとしても、卒業生が少なかったり、メジャーな分野で有名でなければ、資産価値はないわけです。

 

そんなところに大金を支払い、4年以上も過ごすのは大きな損失です。

 

「それじゃあ、オレが卒業後に有名になって、価値を上げてやる!」

 

そんな骨がある人なら、骨のあるヤツのいる難関校に行ってください。

 

世の中には、入るのに同じ難しさであっても、卒業後の資産価値が全く異なる大学がありますから、進学する大学については、慎重に選ばないといけません。

 

これが大学を選ぶ、一つ目の大事な基準ですね。

 

そして次は、大学で何を専攻するか、ですね。


大学と言うところは、中学や高校とは異なり、学部によってやることが全然違います

 

最初の一年半くらいは教養過程と言って、広く浅くいろんな事を学びますが、その後はそれぞれの学部の専門知識を学びます。

 

だから大学で何を専攻するかも、しっかり選ばなければなりません。

 

法律を学びたいなら法学部へ。経済や経営を学びたいなら、経済学部や経営学部へ。

 

エンジニアを目指すなら工学部、医学や医療関係の仕事をしたいなら医学部や薬学部。
農業や食品に興味があるなら、農学部...そう言う風に、自分のやりたいことをまず見つけだなければなりません。

 

さもなければ、やはりお金と4年間という年月をムダにすることになってしまいます。

 

自分のやりたいことが何か、それを考えましょう。

 

志望の学部・学科を決めるために、自分のやりたいことを考える。もうすでに決まっている人は、それでOKでしょう。

 

しかしこれから探す場合、これがかなり難しいんですね。

 

なぜかというと、自分が本当にやりたいことがわかっている人なんて、実はなかなかいないからです。

 

わかっているつもりでいてもコロコロ変わったり、あるいは達成が難しいのでやめたりするからです。

 

それも当然かも知れません。何しろ孔子でさえ、50才になるまで自分の天命がわからなかったというのですから。

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策