受験で最後に頼れるモノって?

受験で最後に頼れるモノって?

受験で最後に頼れるモノって?

 受験というのは、本当に消耗します。

 

 人間が本気になって、問題を解こうとすると、猛烈に脳内のブドウ糖が消費されます。

 

 この前も、とある大学の入試問題を解いていたら、その後ボーっとしてしまいました。

 

 どういう問題かというと…  

 

 計算問題です(^o^)。

 

 最初は、簡単そうだったんですね。

 

 だから解答なしで10分もあれば解けるかと思って、解き始めたんですが、さすがに表参道にあるA学院大学の数学問題。

 

 解き方の方針自体は、5分くらいで決まったんですが、計算が煩雑! 何回も式を文字に置き換えたりして、ようやく解きました。

 

 それを整理してみると、文字に置き換えなくてもよかったところとか、計算しなくても良かったところなどもありましたが、とにかく計算しまくって、結局30分以上、かかりました。


 入試数学の問題というのは、計算力があることが前提だったりします。

 

 問題を解く手順自体(*)は、

 

(1)問題の理解(調べる)
(2)解法の選択(解き方を検討・選択する)
(3)計算力(実施する)
(4)検証力(確かめる)

 

という、四つの段階・ステージに分かれますが、途中で計算してみるということが、いかに重要か。

 

 問題集の解答などを見れば、あっさり計算しているような感じで書いてありますが、その解答にたどり着くまでには紆余曲折があって、何倍もの計算が必要な場合が、よくあります。

 

 そう言うときに、日頃からの計算練習が、モノを言うわけです。

 

 日頃から、計算を猛スピードでやるクセがついていないと、難関大学の数学なんて、1問も解けないでしょう。

 

 入試で最後の最後に頼りにできるのは、己の計算力と、語彙力だったりします。 

 

(*)ポリア著の「いかにして問題を解くか」では、

 

     ---------------------------------
      理解 → 計画 → 実行 → 検討
     ---------------------------------
ですね(^o^)。

 

 こっちのページも、もう一度読んでおいてください。
-----------
★ いかに問題を解くか

 

-----------

 

 ポリアのこの本の中身については、かなり以前に紹介しましたので、知らない読者の方もいらっしゃるでしょうから、次回、もう一度、順を追って、説明することにします。

 

スポンサードリンク

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

受験で最後に頼れるモノって?関連ページ

ロザン宇治原さんの5分だけ勉強法とは?
勉強する理由 世の中には技術者が足りない!
コンピュータは数学ができないと使えない?
自分に素直に生きましょう!
浪人をして伸びるヤツはいない?
圧倒的な勉強量が、学力を伸ばす!
勉強ができると言うこと、できないと言うこと
行きたい学部・学科の決め方
自分の天命は? やりたいことの見つけ方
英語は読みにくいが、音読しないと覚えられない
ベストセラーに敏感になれ
予備校のメリット ゴール設定が明確な授業
予備校のデメリット
ドラゴン桜、矢島くんの不合格の原因は?
2浪して東大合格? 豪腕コーチング、2年後
背水の陣なんか、敷くんじゃない!
都市は、城壁に囲まれているのがジョーシキ。
背水の陣は、相手を油断させる時間稼ぎ
成績は、突然上がり出す
自分なりの意見があることは、マイナス?
中学受験の悲喜こもごも
勉強の終わり方でわかる、できない子の特徴
やる気が出る条件/中学受験と大学受験の違い
「できるまでやる」は、正しい勉強法
智弁和歌山の強さとは、部員数の少なさ?
制約があると、成功率が高まる?
受験勉強の罠 ルイスの罠
発展途上国が、先進国になれないわけ
勉強の罠から逃れるには
目標は口にするべきか、黙っておくべきか
目標が達成できないのは努力不足じゃないかも
D判定でも、合格できる?
東大・京大受験は、ギャンブルだ。
南極観測船にクーラーが必要な理由は?
必須アミノ酸の覚え方
やる気を出す方法 やる気は「物質」
やる気が出る条件は、やれそうなことをやる
女子がまた増えた!
公立高校からでも、東大・京大に行ける!
農学部のススメ 農学部も悪くない
2007京大英語・レビュー