受験で最後に頼れるモノって?

 受験というのは、本当に消耗します。

 

 人間が本気になって、問題を解こうとすると、猛烈に脳内のブドウ糖が消費されます。

 

 この前も、とある大学の入試問題を解いていたら、その後ボーっとしてしまいました。

 

 どういう問題かというと…  

 

 計算問題です(^o^)。

 

 最初は、簡単そうだったんですね。

 

 だから解答なしで10分もあれば解けるかと思って、解き始めたんですが、さすがに表参道にあるA学院大学の数学問題。

 

 解き方の方針自体は、5分くらいで決まったんですが、計算が煩雑! 何回も式を文字に置き換えたりして、ようやく解きました。

 

 それを整理してみると、文字に置き換えなくてもよかったところとか、計算しなくても良かったところなどもありましたが、とにかく計算しまくって、結局30分以上、かかりました。


 入試数学の問題というのは、計算力があることが前提だったりします。

 

 問題を解く手順自体(*)は、

 

(1)問題の理解(調べる)
(2)解法の選択(解き方を検討・選択する)
(3)計算力(実施する)
(4)検証力(確かめる)

 

という、四つの段階・ステージに分かれますが、途中で計算してみるということが、いかに重要か。

 

 問題集の解答などを見れば、あっさり計算しているような感じで書いてありますが、その解答にたどり着くまでには紆余曲折があって、何倍もの計算が必要な場合が、よくあります。

 

 そう言うときに、日頃からの計算練習が、モノを言うわけです。

 

 日頃から、計算を猛スピードでやるクセがついていないと、難関大学の数学なんて、1問も解けないでしょう。

 

 入試で最後の最後に頼りにできるのは、己の計算力と、語彙力だったりします。 

 

(*)ポリア著の「いかにして問題を解くか」では、

 

     ---------------------------------
      理解 → 計画 → 実行 → 検討
     ---------------------------------
ですね(^o^)。

 

 こっちのページも、もう一度読んでおいてください。
-----------
★ いかに問題を解くか

 

-----------

 

 ポリアのこの本の中身については、かなり以前に紹介しましたので、知らない読者の方もいらっしゃるでしょうから、次回、もう一度、順を追って、説明することにします。

 

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策