ロザン宇治原氏に学べ!集中力の使い方。

ロザン宇治原氏に学べ!集中力の使い方。

ロザン宇治原氏の勉強法に学べ!集中力の使い方。

京大卒・宇治原&大阪府立大中退・菅(すが)の
漫才コンビ「ロザン」

 

高学歴の二人がなぜ漫才師になったのか、インタビューが載っていました。

 

1時間しか集中できないなら、かならずそこで休憩
...というのが、印象に残りました。

 

京大合格のために3時間続けて勉強しようと気負っても、1時間しか集中力が続かないんやから、それで何とかするしかない。

 

プラグマティズム的ですが、現実というのはそういうものです。

 

お金がないなら、その状態で何とかしないといけない。
病弱なら、病弱の状態で、何とかしないといけない。

 

お金がない状態や病弱を改善しようと思っても、これは自分が持っている条件だから、そう簡単には良くならないし、時間がかかる。

 

コレが何とかなってから次に進もうと思ったら、人生が終わってしまう可能性もあります。

 

特に「性質」や「法則」、または「性格」のようなモノは、自分の都合によって変えることができませんから、自分がどのような性格で、自分の脳がどういう機能なのか、それを知って、それでもうまく行くようにプランを立てる。

 

コレが大事ですね。

 

変え難いものを変えるのは、難しいし時間がかかる事が多い。

 

コレと格闘することは、泥沼の戦いになりますから、目前の大学合格というゴールに到達するのとは別にしないといけない。

 

 

「速読」とか「記憶術」なんかも、速読できるようになってから、記憶術を身につけてから
それから勉強しようと思ってもそれがいつ身に付くかは、分かったもんじゃありません。

 

そんなことをしているウチに、ドンドン時間がたって、試験直前になってしまうわけです。

 

だから、そういう技術を習得するのと勉強とは、とりあえずは別個に、並列にやる必要があります。

 

生きているウチは制約があるのは、あたりまえ。

 

それに生きている間は、制約があるのが当たり前です。

 

お金持ちの家に生まれるか、貧乏な家に生まれるか、それだって様々な制約を抱えるわけです。

 

裕福な家庭に生まれると、制約は多少少なくなるでしょうがそれでも病気やケガ、老いからはなかなか逃れられません。

 

変な話、男に生まれるか女に生まれるかというだけでも、それぞれ様々な制約を抱えるわけです。

 

万能の人間というのはいないわけです。

 

それに早い時期に気づければ、人生は充実したモノになるでしょう。

 

逆に自分の持つ制約条件とまともに格闘しだすと、人生はあっと言う間にすぎてしまいます。

 

制約は、克服すべきモノじゃなくて、なんとかかんとかうまくつき合っていくべきモノです。

 

そしてまた、「制約があるから、工夫が生まれる」わけです。

 

集中力が30分しか続かないなら、30分以内でできることをやればいいわけです。

 

30分でできなかったら、一旦あきらめる。

 

15分しか続かないなら、15分でできる分量に、やることを分ける。

 

1分しか続かないなら、1分でできることを積み重ねる。

 

結局それしかないわけですね。

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る