やる気を出す方法

「ところでさー、センセ。やる気を出す方法って、知んない?なんか最近ウチ、やる気が続かなくって」

 

うーん、それなら、やる気の話をしよう。

 

まず最初に覚えておいて欲しいことは、『やる気』って言うのは、限りがあるもんなんだね。

 

やる気っていうのは、脳の命令で<やる気物質>が放出されて、起こるモノなんだ。

 

「やる気物質?」

 

そうだよ。<やる気物質>だ。

 

この<やる気物質>というのは、ドーパミンとノルアドレナリンという二種類の物質なんだけど、これが出たときに『やる気』が生まれる。

 

逆にこの<やる気物質>が出ないときは、『やる気』も出ない。

 

また、やる気物質を使い果たしてしまうと、『やる気』もなくなる…っていうことだ。

 

やる気の素が尽きてしまうと、やる気が出ないのは当然だね。ここんところを、まず覚えておこう。


★ ドーパミンは中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。

 

運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。

 

セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンを総称してモノアミン神経伝達物質と呼ぶ。

 

またドーパミンは、ノルアドレナリン、アドレナリンと共にカテコール基をもつためカテコールアミンとも総称される。
-----------ウィキペディアより抜粋-----------

 

やる気は<やる気物質>によって、引き起こされる。

 

ところがこの<やる気物質>って言うのは、物質だから有限だ。

 

だから脳は、やる気物質を節約して使う。

 

どうしてかって言うと、命の危機が迫ったときに、やる気物質が尽きていたら危険だからね。

 

子どもの頃は、やる気物質の節約がまだうまくいかないので、何かに没頭すると、やる気物質を簡単に消費してしまう。

 

でもって、やる気物質がなくなると、パタンと寝てしまう。

 

子どもがどこでもぐっすり寝てしまうのは、そう言う事情だ。

 

だけど大人になるにつれて、そう言うことは減っていく。

 

何しろ、やる気物質が尽きて寝てしまったら、危険なことが増えていくからね。

 

小さな子どもの場合は、周囲の大人が守ってくれているのでそれでも構わないが、だんだんそう言うわけにも行かなくなっていく。

 

でもって、不必要なことには、やる気物質を使わないようになる。

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策