合格英熟語300・英単語600から始めましょう!

さて、新3年生の皆さんは、もう受験勉強を始めているでしょうか?

 

まさかまだまだこれから…なんて事を言っているんじゃないでしょうね?

 

来春のセンター試験まで、もうたった10ヶ月しかないんですよ!

 

10ヶ月という時間は、あなたにとって十分長いですか? それとも短いですか?

 

短いと感じていらっしゃるなら、正常です。

 

短いと感じるには、ゴールまでの道のりがどのくらいかわかっていて、自分がどの辺を歩いているのか、ボンヤリとでもわかっていると言うことです。

 

やることに対して、必要な時間が足りないと感じているからこそ、短いと感じるわけです。だから、まあ正常ですね。

 

逆に「長いなあ…」と感じている受験生は、二通りでしょう。

 

まず、基礎受験学力が整っている受験生。

 

こういうヒトにとって、10ヶ月も応用問題ばかり解くというのは、結構辛いかも知れません。

 

一種のプラトー、スランプ状態に陥ったりして、なかなか学力が上がらないような感覚が続くからです。

 

こういう人には、これから10ヶ月間は、あまりにも長い時間となるでしょう。

 

 一方、別の意味で「長いなあ…」と感じる受験生。

 

低い次元でスランプに陥っていて、勉強しても学力が上がらない感覚に陥っている。こういう受験生も、10ヶ月が長く感じられるはずです。

 

こういう人は、『基礎受験学力』がない。

 

学校の定期テストで点数は取れるが、模試や実力テストではボロボロ。

 

ボロボロならまだ課題がハッキリするのでマシですが、点数が大きく上がったり下がったり乱高下して、実力があるのかないのかすら、よくわからない。

 

こういう人も、何をやって良いのかわからないので、これからの10ヶ月を「長いなあ…」と感じる。

 

あなたは、どの受験生でしょうか?


何をやるべきかわかっているか?

これからの10ヶ月が短いと感じている受験生には、やることがだいたい見えているはずですので、何も申しません。

 

 そしてまた、基礎受験学力が備わっていて、応用問題レベルでプラトー状態にいる受験生にも、何も申しません。

 

問題は「何をしていいのか、よくわからない受験生」です。

 

こういう受験生は、あっちの問題集をやったり、こっちの単語集を覚えたり、ウロウロ、ウロウロ、ウロウロして、10ヶ月過ごしてしまいます。

 

そんでもって受験本番を迎え、志望校を100ランクくらい落とすか、あるいは玉砕覚悟で志望校を受けて、やっぱり見事に玉砕するわけです。

 

大学入試というのは、受ける前に内申点で半分決まっている公立高校受験とは、全く違います。

 

難関大学では、倍率は最低でも3倍。

 

受験生は、全国からわざわざ大都市に受けにくる。

 

しかも東大や京大、旧帝国大学や慶應などといった難関大学の場合は、超進学校出身者で、昼寝してても受かるようなヤツがゴロゴロ受験していたりする。

 

彼らはもうすでに、受ける前から合格席の3分の1くらいに座っているようなもんですから、じつは空いているのは残りの3分の2の席だけ。となると表面上の倍率は3倍でも、実際の倍率は5倍とか6倍とか。

 

決してまぐれで簡単に合格できるような話では、ないんですね。

 

そしてこれは、難関大より多少入りやすい大学でも、同様なんです。

 

何故かというと、上位大学のボーダーギリギリの受験生が、少し易しい大学を滑り止めとして受けにくるから。

 

そうなると、彼らが今度は昼寝してても受かるようなヤツとして、合格席の3分の1くらいに既に座っているわけです。となると表面上の倍率より、実際の倍率はかなり高いんです。

 

なぜなら合格席は、3分の2しかないから。

 

そんな中で、合格英熟語300合格英単語600レベルの語彙すらまともに覚えていないようなヤツは、受かりません。

 

あっちの問題集をやり、こっちの問題集をやり、Duoをやり、ターゲットをやり、速読英単語をやり…と、ウロウロしているうちに、夏が来て秋が来て…、そしてセンター試験で失敗して…

 

この春休みのウチに、合格英熟語300・合格英単語600くらいはしっかりマスターしておきましょう。

 

 ターゲットのような、いつ終わるかわからない単語集はさっさと捨てて、まず合格英熟語・英単語から、始めましょう!

 

合格英熟語300(Amazon)
合格英単語600

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策