中途半端じゃ、受からない。 真っ正面から行け!

 私なんか、大学を中退して次に合格するまで5年弱かかりました。

 

『京大まで行ったのに、卒業できなかったのは悔しい。

 

だから、もう一度大学に行って卒業しよう』
というただそれだけで、再受験していたのですが、落ちたってなにも失うモノなんて、ないのですよ。

 

 というのも腐っても私は『京大生だった』わけですし、それは大学に再合格しようがしまいが、無くなるものではない。

 

 だから、がむしゃらに合格を目指すほどの熱意はもうなく、それで5年近くもかかってしまったのです。

 

 仮面浪人して、次の年に望む大学に合格するなんて言うのは、よほど今の状態が良くないとか、何が何でもそこへ行かなければならない事情があるときでないと、成功しないんでしょう。

 

仮面浪人して、翌年念願の大学に受かるのであったら、変な話、初年度から受かってもおかしくないんです。

 

 1年後に合格する道筋が見えているのなら、今年受けても、たぶん受かるでしょう。

 

そんなもんなんです。

 

 だから、最初から念願の大学を受けるべきなんです。

 

「今年はまだ準備が整っていないから…」
と、ためらっていたら、来年も準備は整いません。

 

受験生は受験のプロではないのですから、どこまで行っても準備なんか整いません。

 

 整わなくたって、受かるときは受かるんです。

 

 とにかく志望大学に、真正面から挑戦しましょう。

 

 目指す大学に合格する。

 

 そのために準備をする。

 

 そのために、センター試験を受ける。

 

 ここんところを肝に銘じて、受験してください。

 

さあ、いよいよ受験シーズンのはじまりです!


小細工なんか考えずに、ドーンと正面から受験せよ

 ここ数回、ちょっと暗い話を書きましたが、要するに、<小細工なんか考えずに、ドーンと正面から受験せよ!>
…ってことです。

 

 正面から行くからこそ、テクニックというのは生きるんです。

 

それをテクニックで、ちょっと楽して…とか思うと、失敗します。

 

 真正面から行ってみて、上手くいかなかったら視点を変えるというのは、アリですが、初めから横からと言うのは、ダメです。

 

 大学受験というのは、怖いです。

 

何しろ失敗したら、次はまた1年後なんですから。

 

 しかもそうなると、一つ歳を取ってしまう。

 

同級生に、後れを取ってしまう。

 

 でも、その怖さに真正面に向かわなければ、話になりません。

 

 試験前でイライラしたり、焦ったりするなら、部屋の中でもトイレでも掃除して、落ち着きましょう。

 

 整理や掃除は、心を落ち着かせる最良のワークですよ。

 


広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策