マインドマップで大学合格までの道を考える

マインドマップで大学合格までの道を考える

マインドマップを書いてみよう

試験本番まで、あと●ヶ月。

 

 受験されるあなたには、もう時間がありません。

 

 効率よく受験勉強を進めないと、もう間に合いません。

 

 そのためには、現時点でテストまでにやらねばならないことを、まず書き出してみる必要があります。

 

 そして、そのやらねばならないことを、TO DO リストにして、それを一つずつ消化していきましょう。

 

 やり方を、今から紹介します。

 

 用意するモノは、次のモノです。

 

A4以上の紙。

 

マインド・マップを書くのに使います。

 

2分の1サイズの縦長の付箋(ふせん/ポストイット)
   ※2行くらい書けるもの。

 

付箋を貼り付ける成果ノート。

 

 用意できたら、さっそく始めましょう。

 

(1)まず、大きめの紙のど真ん中に、   「◎月◎日、(あなたの名前)、●●大学▲▲学部合格!」
 と書きます。

 

5W1Hの、いつ、どこで、誰が、ですね。

 

(2)次に、紙の左上半分に、WHYと書いて、あなたがその大学に 行く理由を書きます。

 

  なぜそこに行くのか、行ってどうするのか、そういうことを 何でもいいから書き出します。

 


 

<たとえば…>
 医者になって、病気の人を助けるため。

 

 経済や経営を勉強して、お金儲けをするため。

 

 研究者やエンジニアになって、世界を改善するため。

 

 自分にあった、素晴らしい彼氏・彼女と出会うため。

 

 なんでもいいですが、とにかく自分に正直になって書きましょう。

 

(3)今度は紙の左下半分に、HOWと書いて、合格するために必要な点数を、 科目ごとに書き出します。

 

  どうやって合格するか、ということですが、普通はもう、点数をとるしかありませんね。

 

もちろん、数検2級とか英検2級をとるとか、そういうのもありますが。

 

  書き方は、センター英語で●●点、数学1で●●点、 2次試験の英語で●●点、数学で●●点… と言う感じですね。

 

 そして最後に「…をとって、合格!」と書きます。

 

 

(4)最後に、右半分の上にWHAT TO DO(すべきこと)と書いて、 その下に、左下に書いた点数をとるためにすべきことを、20個書き出します。

 

 20個を超えても構いませんが、最低20個は書いておきましょう。

 

  たとえば、

  • 模擬テストを受ける・過去問を試験と同様にやってみる
  • 合格英熟語300をくり返し覚える
  • システム英単語を第2章までくり返し覚える
  • 整序問題850をくり返しやる
  • リスニングの問題集をくり返しやる

 

  …  20個くらい、すぐ出てきそうですね。

 


オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る