付箋とTo Do リストで、効率アップ

付箋とTo Do リストで、効率アップ

寒くなるとよく眠れる = 理解力が上がる

 さて、いよいよ9月です。

 

 いよいよ受験勉強のシーズンが始まりました。

 

 今までいろいろ勉強してきたでしょうが、受験生の皆さんは、ここからです。

 

 夏の暑さは、勉強の妨げでした。

 

 いくらクーラーが良く効いた部屋で勉強したとしても、夏というのは眠りがやはり浅い。

 

 寒いときの眠りとは、眠りの質が違う。

 

 これから秋・冬にかけて、ドンドン深く眠れるようになります。

 

 そうなると、勉強もドンドンはかどるようになります。

 

 ここから効率よく勉強を進められるかどうかが、半年後の合格につながるのです。

 

 そのために、一ついいことを、お教えしましょう。

 

 To Do リストという考えです。

 


付箋(ふせん)とTo Do リストで、効率アップ。

 To Do リストとはなんぞえ?
 そう思う受験生の皆さんも、多いでしょう。

 

 それもそのはず、これはビジネスを効率よく行うためにつくるリストです。

 

 ちゃんとしたビジネスマンなら、一度は耳にしたことのある言葉です。

 

 To Doとは、「やるべきこと/やらねばならないこと」ということです。

 

 たとえば、以前紹介した「夢をかなえる勉強法」には、「まずは目次をコピーせよ!」という話が載っていましたね。

 

 受験生にとっては、参考書・問題集の目次なんかは、一つのTO DOリストです。

 

 これを TO DO リストにして、済んだものはドンドン線を引いたり、×印を付けて消していくわけです。

 

 ただこの方法には、いくつか問題点があります。

 

 まず、目次を使うので、それより細かくリストを作れない。

 

 次に、科目間の TO DO が、調整できないんですね。

 

 また、何か新しくやるべきことを思いついても、目次ですから追加しにくい。

 

 この問題点を解決するためには、付箋(ふせん)を使います。

 

 付箋というのは、親指くらいの大きさの、小さな短冊形のメモですね。

 

 もちろん、小さなメモをセロテープで貼り付けていってもいいのですが、それだと逆に使いにくい。

 

 2分の1サイズの、縦長の付箋が、使いやすいです。

 

それを使って、TO DO リストを作ります。

 


スポンサードリンク

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

付箋とTo Do リストで、効率アップ関連ページ

受験勉強は、量だ!
DLL(ダイナミック・リンク・ライブラリ)とは
勉強とダイナミック・リンク・ライブラリ(DLL)
百回やったら、突然わかるようになる
【願書提出】ゴールを再設定しよう
【願書提出】志望を落として後悔するくらいなら
【願書提出】行きたい大学へ行け。
大学は、中学や高校とは、まるで違うところ
進学するか、浪人するか。それが問題だ。
行きたい大学・学部に必ず挑戦しろ。
仮面浪人は、精神的に悪い。
仮面浪人は、やめておいた方が身のため
大学受験は、中途半端じゃ、受からない。
【受験直前】大学合格まで最後まで、突っ走れ
【受験直前】受験本番までにやること
直前は、復習より、初見の問題に当たれ
できないことを数えるな、できることを数えろ
しっかり準備したヤツが勝つのが人生
夏の暑さが、受験シーズンのスタート
できるヤツになる
安心して、ガムシャラにやってください。
できるヤツをまねる
黙念師容 まねることの難しさ
真似ができるのも実力のうち
できる身体になれ!
できるヤツになる方法・まとめ
マインドマップで大学合格までの道を考える
大学合格マインドマップ
やるべきことを小分けして、付箋に書く
TODOリスト やり残したことが目立つ仕組み
一次試験、センター試験を甘く見るな
後になるほど難しくなる
入試は真冬、会場もアウェイ
記憶力には限界があるから工夫が必要
箸は何十年も使っているが、上達してない
イチローが結局、4割打てなかったわけ
【浪人の勉強法】目標を再設定する
【浪人の勉強法】生活のリズムを作る
【浪人の勉強法】易しい問題集からやりなおす。
裏技は魔法じゃなくて、タダの近道