解法の検討

 問題の解法は、一通りとは限りません。

 

 たとえば代数・幾何の問題などでは、ベクトルで解くか複素数平面で解くか、はたまたユークリッド幾何学などの定理を使って解くか、さまざまな解法経路が現れるでしょう。だから、どういう解法を使って解くのか、実行する前に少しだけ検討する必要がでてきます。 

 

 受験というのは、時間との戦いですし、点数を積み上げる競争です。だから

 

   間違える < 一部分でも正答を出す < とにかく正答を出す
 < スマートに速く正答を出す

 

と言うことになるのですが、合格するのに65%の点数でいいなら、不確かでもとにかく答えが出る解法の方が良かったりします。

 

 今回は、立てた計画を実行するという話です。

 

-----------
●解法プランの検討と実行
-----------

 

 問題の解法は、一通りとは限りません。

 

 たとえば代数・幾何の問題などでは、ベクトルで解くか複素数平面で解くか、はたまたユークリッド幾何学などの定理を使って解くか、さまざまな解法経路が現れるでしょう。だから、どういう解法を使って解くのか、実行する前に少しだけ検討する必要がでてきます。 


 受験というのは、時間との戦いですし、点数を積み上げる競争です。

 

だから

間違える
 < 一部分でも正答を出す
 < とにかく正答を出す
 < スマートに速く正答を出す

と言うことになるのですが、合格するのに65%の点数でいいなら、不確かでもとにかく答えが出る解法の方が良かったりします。

 

 私などは本番ではなかなかスマートな解法が思い出せないタチなので、計算量がかなり多くともガリガリやってしまいますが、これは悪い癖です。

 

 問題を見て解法パターンを思い出すトレーニングをしっかり積んでおけば、だんだんスマートな解法が思い浮かぶようになれます。

 

 仕事柄、毎年同じ問題を解くようになってみると、それを強く感じます。

 

 そうして実行するプランが決まったら、もうとにかくドンドン計算していきます。

 

もちろん途中でその計算が妥当なものか、確かめながらやる必要もありますが。

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る