夏はセンター試験対策に全力を挙げろ

夏はセンター試験対策に全力を挙げろ

夏はセンター試験対策に全力を挙げろ

7月はもう、センター試験対策にぶち込んじゃってくださいね。

 

お盆休みまではもうセンター試験対策でOKです。

 

メインがセンター対策で、サブが2次対策。

 

飽きたら2次対策をすると言うことで。

 

センター対策が一回りしたら、逆にして結構です。

 

で、このフェイズ(フェイズ2)のゴールはセンター試験の過去問などで、安定的に70%以上の点数をとれるようになること。

 

今やらないと、秋からセンター試験まであっと言う間に時間がすぎてしまいます。

 

そうなると「うわ、こんなにやることがあったんか」と驚くことになります。

 

だからさっさと始めて下さい。

 

夏にセンター対策を進める理由お盆まで、夏休みまではセンター試験対策に力を入れろ、と私が言うのには、もちろん理由があります。

 

というのも、たいていの受験生に「覚え間違え」が多いって事なんですね。

 

そしてまた、センター試験というのは、英語と国語以外は60分で解かないといけない試験で、スピードが必要なんです。

 

「ゆっくりやればできる」というのは全然ダメで、速く正答を出さないといけない。

 

しかも8?90%の点数を取らないといけない。

 

これがセンター試験の「制約」です。


 

これを達成するには、練習あるのみなんです。

 

創造力やイマジネーションなんかいらないので、とにかく基本事項をしっかり復習することが大事。

 

覚え間違え、うろ覚えをなくす、と言うことが求められます。

 

理系の受験生でも、数学や理科の問題が確実に速く解けるようにしっかりトレーニングしないといけません。

 

確率とかベクトルとか、問題を読んで考えている時間なんて、ほぼありませんから、すぐに解法を思い出さないといけない。

 

だから反射的に答えが出せるように、自分自身をしっかり訓練する必要があります。

 

これはもう、「勉強」ではなくて「作業」です。

 

「理解」ではなくて「訓練」です。

 

スポンサードリンク

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加