夏の暑さが、受験シーズンのスタート

夏の暑さが、受験シーズンのスタート

夏の暑さが、受験シーズンのスタート

8月は、受験勉強の本格的なスタートになります。

 

8月は、一年で一番暑い季節です。

 

しかしこんな夏の暑さこそが、実は受験シーズンの嚆矢(こうし)となるのです。

 

嚆矢とは『物事のはじめ。

 

最初』という意味ですが、大辞林には『昔、中国で合戦の初めに、かぶら矢を敵陣に向けて射かけたことから』という由来が載っています。

 

つまり昔は合戦を始めるときに、かぶら矢という矢を射たのですね。

 

でも何のために、かぶら矢を射たのでしょう。

 

そもそも、かぶら矢ってなに?
実はかぶら矢とは、矢の先に笛のようなモノをつけた矢のことで、この矢を射ると先につけた笛が鳴るのです。

 

「ピュー」と音がするので、指揮官は射手に攻撃目標に向けてかぶら矢を射させます。

 

そしてその音を頼りに、他の大勢の射手が矢を射て、そこから戦が始まったのです。

 

だから最初に何かを言い出して、その後に大勢の者が続くようなとき、「その説を唱えたのは、彼をもって嚆矢とする」などと言うわけです。

 


受験生にとっては夏の暑さの頂点が、嚆矢そのもの

受験生にとっては夏の暑さの頂点が、嚆矢そのものです。

 

お盆を過ぎればもうあとは涼しくなり、なんだかんだあったあと最も寒くなったときが入試の本番。

 

つまりこれからは寒くなるに比例して、受験本番に近づくのです。

 

ここからはもう一本道、だからあとはもう、ただひたすらやるしかありません。

 

お盆が過ぎたらもう、常に季節を先取りしましょう。

 

9月になったらもう10月の気分で。

 

10月になったらもう11月のことを考えましょう。

 

そして12月は、クリスマスを早めに。

 

年末年始は、『流されまいと努力するのではなくて、先にお正月気分になってしまう』のが秘訣です。

 

お正月は2日まで。

 

3日からは、もう受験一直線!
常に先取り・先取り。

 

考えられる努力は、今から全てやりましょう。

 

そうすれば必ず、来春の合格が見えてきます。

 


オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る