運動方程式が分からなかった

運動方程式が分からなかった

運動方程式が分からなかった

私は高校生時代、物理がよくわかりませんでした。

 

 どういう風にわからなかったかというと、公式は知っているけれど「何でそうなるのか」というのが腑に落ちなかったからです。

 

 たとえば物理の核心である、ニュートンの運動方程式。

F=mα
   (※最近は高校でも、大学の物理と同様、mα=Fと表記します)

 

 これは(力の大きさ)が(物体の質量)×(物体の加速度)に等しい、ということです。

 

しかし実は、その意味が全然よくわかっていませんでした。

 

 だから、F1+F2?mα=0なんて言う式を、平気で書いていました。

 

 ひどいときには、F1+F2?mα=Mβ+F3なんていう式なども書いていたように思います。

 

 要するに、中学の力学の延長で「力の釣り合い」として、運動方程式を捉えていたんですね。

 

 ですから、単純な力学の問題は解けていましたが、複合的な問題となると、全然ダメ。

 

英文和訳のように、単語の知識をつぎはぎしてこじつけて解いていたんです。

 

ところがこれではダメなんですね。

 

運動方程式は釣り合いの式じゃなくて、等式の一方が物質の質量と運動、もう一方がその物体に働いている力として、ハッキリ意識しないといけない。


 運動方程式というのは、

 

 (ある物体に働く力の総計)=(その物体の質量)×(その物体の加速度)

 

であり、その物体に働く力を全て書き出したら、他はもう考えなくてもよいのです。

 

が、その辺のところが、私にはどうしてもよくわからなかったのでした。

 

 それが大阪のY予備校で『難問題の系統とそのとき方』という超ロングセラーの著者である、服部先生の講義を聴いて、やっと「ああ何だ、そうか」とわかったのです。

 

 ★ はたらく力を全て書き出したら、後は考えなくていい ★

 

 たったそれだけのことですが、私にとっては驚天動地のことでした。

 

 そして力学の殆ど全部で運動方程式が関わっており、何でもかんでも運動方程式で解くのだと知って、やっと目が開いたのです。

スポンサードリンク

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加