迷うのは結局、選択肢が多いからだ

迷うのは結局、選択肢が多いからだ

迷うのは結局、選択肢が多いからだ

迷うのは結局、選択肢が多いからだ。
選択肢が1コしかないなら、やるかやらないかのどちらかしかない。

 

わり算で商が立てられない子どもは、計算をやろうとはしているが選択肢が9コもあるから迷っているわけだ。だから誰かが1つに決めてくれれば、次に進めるわけだ。

 

受験だって、同じだ。
あれもこれもと考えていると、結局なんにもできない。

 

時間は有限だし、利用出来る資源(リソース)は限られている。

 

このメルマガで「合格英熟語300から覚えろ」と読んで、じゃあそうしようと覚えた受験生は、もうとっくに次の段階に進んでる。

 

何故かというと、  合格英熟語300 
→ 合格英単語600 
→ システム英単語CD

 

という順番でやれば良いだけだから。迷う必要がない。

 

分量的にも最初は300からだから、やってやれない量でもない。

 

だって中学3年生の女の子でも覚えられるし、ターゲットやシス単の1900語と比べたら、段違いに少ないから。

 

ところが学校でター●ット1900なんかやらされてると、迷ってしまう。

 

理系の生徒で、受験直前でもないのに1900コも英単語を覚えられる生徒なんて、そんなにはいないからね。

 

なにせ他に覚えることや、頭を使うことが、山ほどあるんだから。

 

理系の受験生や、英語の苦手な受験生は、とにかく

 

・合格英熟語300 
・合格英単語600

 

だけでいいから、しっかり覚えること!

 

迷う必要はない。やるだけだ。


スポンサードリンク

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加