仮面浪人は、やめておいた方が身のため

仮面浪人は、やめておいた方が身のため

仮面浪人は、やめておいた方が身のため

大学に行きながら、別の大学、あるいは別の学科を目指して勉強する。

 

いわゆる「仮面浪人」も、やめておいた方が身のためです。

 

もちろん仮面浪人して、次の年に志望の大学に合格するような人も確かにいます。

 

実際、わたしの知り合いにも、そうして別の学科、別の大学に入り直したヤツが2人ほどいました。

 

しかしそれは、親の手厚い支援があってこその話です。

 

そうでなければ、そう簡単にうまくはいきません。

 

というのも実は私も「仮面浪人」でしたし、『貧乏人の正体』で書いたアマダ君も「仮面浪人」でしたが、結局うまくいきませんでしたから。

 

仮面浪人というのは、ただの浪人より経済的にも時間的にも、厳しいです。

 

ただの浪人なら、24時間を自分の好きなように使えますが、大学に通っておれば、そうも行きません。

 

経済的にも、高価な教科書を買いつつ、受験参考書を買ったりしなければなりません。

 


おまけに一応大学生ですから、気も緩んでいます。

 

何が何でも合格しなくてはいけない!と言うわけではないので、ついつい勉強が甘くなってしまうのです。

 

私なんぞも、再受験に失敗しても京大生でしたから、あと少しの踏ん張りがききませんでした。

 

そうやって何年もだらだら過ごし、結局そのままになってしまうわけです。

 

それでも大学を卒業できるなら、まだまし。

 

私のように、全然興味のない学科に進んでしまうと、もうどうしようもありません。

 

興味が元々無い上に、その興味のない勉強をするために、自分で学費や生活費も稼がないといけない。

 

どう考えたって、無茶苦茶です。

 

おかげで私は、今で言う『パニック症候群』のような状態に
なってしまいました。

 

だから、仮面浪人しながら別の学科や別の大学を目指すのは、お薦めしません。

 

学費も生活費も親が面倒を見てくれて、しかも再受験にも理解がある。

 

そういう場合なら、可能性はありますが、でも難しい。

 

安易に進学せずに、もう一年浪人した方が、おそらくは合格可能性が高いと思います。

 

妥協するなら、一年先に妥協したほうがいいでしょう。

 

努力できるだけ努力して、それでダメだったらあきらめもつきます。

 

くれぐれも、中途半端な気持ちで進学しない方が、身のためですよ。

 

大学は、中学や高校とは違うんですから。

 


オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る