浪人の勉強法(1)?目標を再設定する

大学受験に失敗し、もう一年勉強して再チャレンジを決めたら、まず目標設定をし直すことが大事です。

 

1年後、自分はどうなっていたいのか?
大学受験で言えば、今年と同じレベルの大学でいいのか、それとも上のレベルに挑戦するのか。

 

そこでまず、目標設定が変わってきます。

 

そしてそのために、どういう段取りで、どういう行動をするのか。

 

これをまず決めなければなりません。

 

人間の脳というのは、本心から望む目標を設定すると
それに関する情報に敏感になるようにできています。

 

よく言う「アンテナが張る」というヤツですが、目標を明確にすればするほど、それに対する答えが得やすいのです。

 

「東大に合格する」
→ 東大のどこ?
→ 何点取ればいい
→ そのために必要なことは?
と言う風に、やることが具体的になっていけば、すぐに行動できることもたくさん出てきますので、行動に移せます。

 

一方、そういう具体的な目標を立てなければ、ダラダラと何週間も過ごすことになります。

 

行動も具体的にならず、抽象的な事ばかりになりがちです。

 


 

仮の目標でいいから、目標を立てる
具体的な目標を立てることが、なぜ大事か。

 

それは行動できなくなってしまうからです。

 

『1分間目標達成術』という本には、目標達成のスピードが遅い人の6つの習慣として
・目標があいまい
・段取りがいい加減
・失敗した状態を無意識にイメージしてしまう
・行動できないで終わってしまう
・失敗を強く意識して自信を喪失してしまう
・できない言い訳をして環境を責める
があげられています。

 

目標を達成するためには、目標をハッキリ定め、段取りをして、行動ができないと、ダメなんです。

 

目標がハッキリしないと、段取りもできませんし、そのためのペース配分もできません。

 

それどころか、どっちに向かって走り出せばいいかもわかりません。

 

これではくたびれるだけで、目標に近づいているのかどうかもわからず、結局、努力が続きません。

 

なので、まず目標設定をハッキリする必要があります。

 

目標自体はあとで変更しても良いので、とにかく決めてください。

 

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策