できるヤツになる

「なりたい自分になる」という類の本に、こんなコトが書いてありました。

 

 なりたい自分になるためには、そう言う人ならどうするだろうということを、徹底的にイメージして、自分がそれをすることです。

 

 たとえばかっこいい人を目指すなら、「かっこいい人ならどんな服装をするだろう?」
「かっこいい人なら、歩くときどんな歩き方をするだろう」
「かっこいい人なら、こういうとき、どんなことを言うだろう」
「かっこいい人ならこんなとき、どういう風に行動するだろう」
と常に考えて、自分がそれを実行することです。

 

そうすれば、自分の目指すかっこいい人になることができます。

 

 難関大学を目指す受験生だって、同じです。

 

合格するヒトなら、こんなテレビ、見てるだろうか?
合格するヒトなら、こんなところでボヤボヤしているだろうか?

 

 そう考えて、自分の行動をただしましょう。

 

そうすれば合格できます。

 

 今回は、どうやって合格する人になるか…というお話をします。

 

 難関大学を目指しているのだが、どうして良いかわからないというお便りは、よくいただきます。

 

 私に聞けば、他人が知らないような、何か楽で特別な方法でも教えてもらえるのかと、期待しているのでしょう。

 

でも私がお教えできるのは、今まで散々書いてきた事だけです。

 


合格に必要な『何か』をどうやって掴むか

 たとえば、英語はまず『合格英熟語300』の英文を書き出して、丸暗記する。

 

『大矢英語の読み方講義の実況中継』や『山口英文法講義の実況中継』を読んで、練習問題をやる。

 

 桐原書店の『整序問題850』や『標準問題集1100』をしっかりやって、センター試験レベルの学力をまず身につける…(以下省略) そういう風に、ただ階段を上っていくだけです。

 

 でも実は、それだけで合格など、お約束できません。

 

なぜならボクがお薦めする10冊前後の本だけで合格する人もいるし、また失敗する人もいるからです。

 

 和田秀樹さんの本に、『受験は要領!』なんて本もありますが、私のお薦めした方法で合格できるかどうかは、勉強する本人の要領やセンスにも、かかっているのです。

 

 というのも難関大学に合格するような人というのは、どこかの時点で、合格に必要な『何か』を掴んでいるものだからです。

 

 それが中学の段階か、高校の段階か、それとも浪人時代なのかは、わかりませんが、でもどこかの時点で、ものすごい量の勉強をやったり、いい先生に出会ったりして、その『何か』を掴んでいるわけです。

 

 天才肌の人は、物心の付かない頃か、その後のどこかで知らず知らずにそれを掴みますし、そうでない人は、もっと大きくなってから、いろんな壁にぶつかりながら、それを掴みます。

 

そしてその掴んだ『何か』をどんどん展開し、合格に必要な点数を取るだけの学力を身につけていくワケです。

 

 合格するにはだから、その『何か』を掴む必要があるのです。

 

 そしてその『何か』をどうやって掴むかには、二つの方法があります。

 

 一つ目は、『ガムシャラに勉強して、自分でその『何か』を一つ一つ掴んでいく
という方法。

 

もう一つは、『できるヤツの真似をする
という方法です。

 


オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る