大学受験 9月からの勉強法

大学受験 9月からの勉強法

大学受験・9月からの勉強法

「で、ウチは何をすればいいわけ?」

 

英語は、英文和訳と和文英訳、+受験する大学の傾向問題。

 

数学は、ハイレベル問題。

 

国語は、記述問題と、古文・漢文。

 

理系は理科の記述問題、文系は社会の記述問題。

 

これらをやる。基本的に、全部記述問題だ。

 

ミキちゃんの場合は、京大農学部を目指しているわけだから、英語は英文和訳と和文英訳をみっちりやればいい。
京大の場合は、英文和訳と和文英訳しかでないからね。

 

逆に東大タイプの大学を受ける場合は、英文和訳・和文英訳の他にもリスニングや要約問題、空所補充、自由英作文などの準備が必要だ。

 

それぞれ、自分の受ける大学の過去問と合格最低点を調べて、どこで何点取ればいいのか計算して、勉強のプライオリティ・優先順序を決めればいい。

 

「数学は?」

 

数学は、新数学スタンダード演習を復習しつつ、他の問題集をやる。センセーがイイなと思っているのは、河合塾の<やさしい理系数学>だね。

 

やさしい理系数学 (河合塾SERIES)

 

これは例題数50、演習問題130と、比較的問題数が少ないけど、解答がスゴい。
なにせ、たいてい、複数の解法が載せてある。4通りの解答例が載っている問題もたくさんある。
いろんな解き方で問題を解いてみるというのは、とても大事だ。
本のタイトルは<やさしい>とあるけど、中身は骨太だ。

 

京大農学部だったら、6問中3問完答でも十分合格できるから、この問題集をしっかりやれば十分だ。
スタンダード演習と併用すればいい。


 

一方、医学部とか、東大・京大の理学部や工学部を目指すなら、その上のハイレベル問題集がオススメだね。
ハイレベル理系数学 (河合塾SERIES)

 

 

こっちもさっきの本と同じ問題数で、解答も複数載せてあるので、とても勉強になる。
他の科目の勉強が遅れてて、数学に割く時間があんまりないなら、河合塾の年度別問題集をやるというのもイイ。

 

大学入試攻略数学問題集 2008年版 (2008) (河合塾シリーズ)

 

を最初にやればいいと思う。
これはさっきの半分くらいの問題数だけど、最新の入試問題だけで構成されてるから流行が分かる。
全体の雰囲気が分かれば、後々の勉強にも役立つから、この本は意外に使えると思うよ。
網羅性に関してはちょっと劣るけど。

 

あとは、受ける大学学部によって、マスターオブ整数とか、解法の探求・確率とか、やればいいかな。

 

マスターオブ整数は、数学が好きなら、高校1年生からだってできる内容だから、やっておいて損はないと思うよ。

 

ただし数学が好きでない人は、絶対にやらないこと!気が狂うかも知れないし。

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る