三つの技術進化と企業の大規模化

三つの技術進化と企業の大規模化

三つの技術進化と企業の大規模化

交通・電信の発達と企業・組織の形態変化
-----------
 1850年より以前にはピラミッド型に人を配置し上に行くほど権限
が大きくなるようなヒエラルキー構造を持つ組織と言えば、イギリ
ス教会と各国軍隊以外にめぼしい組織など無かった。

 

 もちろんそれによく似た企業組織はあるにはあったが、何か問題
が生じると原則的には「経営者が乗り出していって」「陣頭指揮を
執り」「経営を正せばよい」といった程度の組織であり、資本を持
つ者が社長であり営業部長であり工場長であるといった
「個人の能力で取り仕切れる程度の企業」
であった。

 

 営業規模も一般的にはローカルなモノであり、銀行家や貿易商と
いえども限られた取引相手とのんびりとしたおきまりの取引を行う
程度であった。

 

 ところが蒸気船の発達や鉄道の発展、そして電信技術の発明など
によって、事態は一変した。

 

 それは蒸気船・鉄道・電信技術という三つの発明によって引き起
こされた大変革であった。

 

 すなわち風任せで船を走らせていた帆船が、石炭火力を用いて風
などお構いなしにグングン走る蒸気船というものに替わり、海上輸
送は非常に安定した輸送手段となった。

 

 それまでの帆船での海運は、運送計画を立てるにも非常に不安定
で何時商品が届くかわからず大ざっぱなモノであったが、自力でグ
イグイ航行できる蒸気船の発明で、海運計画は以前と比べて非常に
容易に立てられるようになった。

 

 来月商品が来るか再来月商品が来るかよくわからないというあや
ふやな海運から、来月のいつ頃船が着くという予定が比較的容易に
立てられ、計画的な運送が可能になったのだ。

 

 そして鉄道の発展は、人やモノや情報の移動を容易にした。

 

 鉄道の沿線でさえあれば遠くの地域へ行くのも簡単になったし、
何か問題が起こっても直接見に行ったりすることが可能になった。

 

 地方の労働者が都会に出てくるのも容易になったし、都会の流行
が地方に伝わる速度も飛躍的に向上した。

 

 それまでは内陸部と沿岸部の交易は主に河川を通してしか活発化
できなかったが、鉄道を敷くことによって河川に沿わない交易も楽
に行えるようになった。

 

 もちろんそれまでもイギリスなどでは国中に運河が張り巡らされ、
鉄道の代わり(?)のような水運が発達していたが、動力で自力で
走る鉄道の登場はスピードの面でも確実性の面でも画期的であった。

 

 さらに電信線さえ敷けば遠距離との即時の情報交換ができるよう
になった。

 

 情報の伝達速度はとんでもなく速くなり、産地で何が起こってい
るか消費地で何が起こっているかは電信によって即座にわかるよう
になった。

 

 電信技術の発達は、遠隔地の情報をただちに入手するために大い
に役立ち、これらの技術のお陰で「ヒト・モノ・情報」の移動は桁
違いに盛んになった。

 

 このような諸技術の発展によって、企業はそれまでのローカルな、
或いは点と点を結ぶだけの企業活動から、全国的な或いは面的な企
業活動へとその活動を広げることが可能になった。

 

 必要な資源は徐々にフリーハンドでどこからでも調達できるよう
になっていったし、大量生産で作った商品は全国市場や海外市場で
販売して捌いたりすることが可能になった。

 

 必要な人材は全国から集めることができるようになったし、土地
土地に支店や出張所を設けてそこに人材や物資をすぐに送りつけた
りすることもそれ以前に比べてはるかに簡単になった。

 

 そういうわけで19世紀の終わり頃にはもう、国際市場制覇などと
いう途方もない目標すら立てうる大企業が登場し、経済はもはや古
典的経済学が想定するような小さな企業や組織だけで構成されるよ
うな経済ではなくなった。

 

 

----------
■大企業の出現とイノベーション(技術革新)
----------
 19世紀中頃までは大規模に商品を生産しても商圏が狭く、規模の
経済性によるメリットはあまり大きなモノではなかった。

 

 だが全国や世界などといった広範囲に商品を流通させることがで
きるようになったことで、企業は大量生産によるメリット(規模の
経済性)を獲得し始めた。

 

 メリットがあることが理解されると、企業は競って新しい生産方
式を採用し、生産力の増強と生産性の向上を図った。

 

 そしてその発展は生産技術の発展だけにとどまらず、企業経営や
金融システムのイノベーションをも押し進めることになった。

 

 すなわち企業は町工場の親方程度の知識と能力では経営が成り立
たない規模にまで大きくなり、問題があった場合に経営者が現地に
乗り出していっても何が起こっているかわからない状態になった。

 

 社員と出入り業者とアルバイトが区別しにくくなり、誰がどこで
何をしているかなど、自企業の活動をしっかり把握するのが難しい
ような規模になった。

 

 そしてこのような仕事に携わる専門的な管理能力を持つ者が必要
となった。

 

 また巨大企業の金融を支えるための巨大な債券市場、株式市場、
保険市場等が発展した。

 

 カナダやドイツや日本では巨大銀行も企業ファイナンスの主役と
して活躍しだした。

 

 アメリカでは負債よりエクイティ(自己資本)によるファイナン
スが盛んであったために株式・債券市場が大発展し、逆に日本やド
イツでは借入(負債)によるファイナンスの比重が高かったので、
日本やドイツでは銀行が発展した。

 

 そうして企業規模が大規模化したことで、市場による価格システ
ムの調整作用が以前ほど意味を持たなくなった。

 

 「収穫一定」「収穫逓増」などによる「市場の失敗」、市場を独
占・複占・寡占する企業による価格コントロール(トラストやカル
テル)、そしてシャーマン法(反カルテル法)成立後の企業合併に
よる超巨大企業の誕生(USスチール、コダック、ゼネラル・エレク
トリックなど)などが、市場均衡システムに大きな歪みをもたらし
始めた。

 

 企業組織も事業部制を採用する企業が増え、企業の事業内容も多
角化する方向に進んだ。

 

NEXT:事業部制企業の展開

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加