マンデル=フレミング・モデル

マンデル=フレミング・モデル

閉じた経済と開放経済のちがい

 小国開放経済におけるIS-LM分析の数式は

 

IS曲線:
 Y=C(Y−T) + I(r) + G + NX(e)
LM曲線:
 M/P=L(r、Y)
利子率
 r= r* (世界利子率)

 

である。

 

-----------
■為替レートeとLM曲線
-----------

 

 小国開放経済における利子率rは世界利子率r*にほぼ一致する
という仮定より導き出したIS曲線を特にIS* 、LM曲線を特に
LM* とする。

 

 この場合LM* 曲線は為替レートeと直接には関係がない。

 

 もちろんIS曲線とLM曲線が交わる点で利子率rと総需要Y
が決まるわけだから、最後には為替レートが影響するわけだが、
実質貨幣残高(貨幣の供給)と貨幣需要のバランスの面からrと
Yの関係を探るLM曲線では、為替レートは関係してこない。

 

 そういうわけだから為替レートeと総生産Yのグラフを描くと、
LM*曲線は垂直に立つことになる。

 

 そして利子率rを世界利子率r*に固定したときに、IS*−LM* 曲
線の交点によって均衡為替レートeが決まるのが、つまり「マンデ
ル=フレミング・モデル」の一つなのである。

 

 為替レートe
  |  \  |LM*
  |   \ |
  |    \|
 e*|……………\
  |     |\
  |     | \
  |     |  \IS*
   ――――――――――― 総生産(総所得)Y


閉じた経済と開放経済のちがい

 

 政府が政府購入Gを増やしたり、税金Tを減らしたりして国内の
支出を増やした場合を考える。
 閉じた経済だと、こういう政策を行えばIS-LM分析では
 Y=C(Y−T) + I(r) + G  
だから、

 

 利子率r
  | \ \  /LM
 r|  \ \/
 ↑|   \/\
 r|   /\↑\
  |  /  \↑\IS'
  | /    \IS
  ―――――――――― 総生産(総所得)Y
       y→y'
で、利子率rも上がるしGDPも上がることになり、景気が良くなる。

 

 貨幣供給量Mを調整すればLM曲線を下げることができるから、
利子率を上げないでGDPを上げることも可能である。

 

 ところが、開放経済ではIS*曲線が
 Y=C(Y−T) + I(r*) + G + NX(e)
だから、マンデル=フレミング・モデルのグラフを描くと

 

 為替レートe
  |    \|LM*
 e'|   \ \
 ↑|    \|\
 e*|     \ \ 
  |     |\↑\IS*'
  |     | \
  |     |  \IS*
   ――――――――――― 総生産(総所得)Y

 

となり、まず為替レートeが上がってしまう。

 

 為替レートeが上昇すると、その分輸出が減る事になるわけだが、
どれくらい減るか? と考えてみると実は上の図の横軸はYであり、
LM*曲線は垂直に立っているわけだから、Y=(一定)なのである。

 

 Yが一定であると言うことは、
 Y=C(Y−T) + I(r*) + G + NX(e) =(一定)
ということだから、

 

「政府購入Gを増やした分だけ、NX(e)が減る」
「税金Tを減らしたお陰で増えた消費Cの増えた分だけ、NX(e)が
減る」 

 

ということになる!!!

 

 つまり政府がモノをたくさん買ったり、減税したとしても、開放
経済で変動為替相場制の元ではGDPは増えないというわけである。

 

 ビックリしたのでここで今回はお終い。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加