国民所得の話

国民所得の話

国民所得の話記事一覧

財やサービスの生産

 最初の号でも書きましたが、マンキューのマクロのアプローチは短期的には賃金などの価格の下方硬直化が起こっても、長期的には市場均衡が起こると考えられる長期分析から始め、そこから短期分析に焦点を移すというものです。 だから第二部の長期分析では最初に、以下のような仮定を置く。 すなわち、・資本ストック、労...

財やサービスの生産

 

国民所得の生産要素への分配

■要素価格---------- 経済(閉じた経済)における総産出は総所得に等しい。つまり総収入は売れた財やサービスの価格の総合計に等しい。 一方、財やサービスの生産は生産要素(生産機械や土地などの資本Kと労働L)と生産関数(ある財を一単位生産するのに必要なKとLの割合)によって決定されるから、国民所...

国民所得の生産要素への分配

 

経済学上の利潤・会計上の利潤

------------------------------------------------------------           前回のおさらい----------------------------------------------------------------------■M...

経済学上の利潤・会計上の利潤

 

均衡と利子率

■経済学上の利潤・会計学上の利潤---------- 企業は利潤を最大化するためにMPL=W/Pとなる点まで労働力Lを投入する。そして利潤を最大化するためにMPK=R/Pとなる点まで資本を借り入れる。この時の産出量をYとすると、生産物で測った利潤は       Y−MPL・L−MPK・Kとなるが、こ...

均衡と利子率

 

クラウディング・アウト

 国民所得勘定の恒等式:  Y(総生産)=C(消費)+I(投資)+G(政府購入)         +NX(純輸出) 貯蓄S:  S(貯蓄)=Y(総生産)−T(税金)−C(Y−T)■投資・利子率・貯蓄---------- Y:産出量(国内総生産GDP)、C:消費、I:投資  G:政府購入、T:税金 r...

クラウディング・アウト