実質為替レートεとNXは逆相関

実質為替レートεとNXは逆相関

実質為替レートεとNXは逆相関

 所得勘定の恒等式:Y=C+I+G+NX から、
    NX = Y−(C+I+G)
       =(Y−C−G)−I 
 ここで国民貯蓄S(公的貯蓄+民間貯蓄)=Y−C−Gなので
       = S−I
 また消費Cは可処分所得Y−T(税金)の関数で、Y−Tが増え
るとC=C(Y−T)も増えるという順相関の関係にある。

 

 で、閉鎖された経済ではNX=0だからS−I=0となる点に、
利子率rが決まる。

 

 逆に貿易が世界経済に殆ど影響を与えない小国開放経済では利子
率rが世界全体のSとIによって決まる世界利子率r*によって決ま
り、S−I=NXという関係で純輸出NXの大きさが決まる。

 

 そういうわけだから

 

・政府が購入Gを増やすと、国民貯蓄Sが減って貿易収支はマイナ
 ス方向に振れる。
・政府が減税してTを減らすと、国民貯蓄Sが減って貿易収支はマ
 イナス方向に振れる
・外国が政府購入を増やして世界利子率r*が上昇すると、投資Iが
 減って貿易収支はプラスの方向に振れる。
・政府が投資刺激策を講じて投資需要関数が上方へシフトすると、
 投資Iが増えて貿易収支はマイナス方向に振れる。
 とにかくNX=S−I。


実質為替レートと政策

 

 さてここで、実質為替レートεが高くなれば、外国から買う財や
サービスは相対的に安くなる。実質為替レートεが低くなれば、外
国から買う財やサービスは相対的に高くなる、、という関係にある
ので、

 

    実質為替レートεとNXは逆相関

 

である。だから

 

1)政府が政府購入を増やす →国民貯蓄Sが減る
             →S−Iが減るから純輸出NXが減る
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは上がる。

 

2)政府が政府購入を減らす →国民貯蓄Sが増える
             →S−Iが増えて純輸出NXも増える
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは下がる。

 

3)政府が増税する     →国民貯蓄Sが増える
             →S−Iが増えて純輸出NXも増える
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは下がる。

 

4)政府が減税する     →国民貯蓄Sが減る
             →S−Iが減るから純輸出NXが減る
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは上がる。

 

と言うことになる。

 

 

 

 

「海外の多くの国が政府購入を増やしたり減税したりした場合、
自国(開放経済国)の通貨はどうなるか?」

 

だった。

 

 答えは

 

「外国が減税したり政府購入を増やすと、自国通貨は安くなる」

 

である。次で順を追って考えてみる。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加