実質為替レートと政策

実質為替レートと政策

実質為替レートと政策

        最近(?)のおさらい

 

------------------------------------------------------------
      --------------------------------
      ■「貿易黒字」=「対外純投資」■
      --------------------------------
 国民所得勘定の恒等式を純輸出で括ると、
 NX =Y−(C+I+G)
である。

 

 一方国民貯蓄SはS=Y−C−Gであるから、これを上の式に代
入すると、S−I=NXとなり、このS−Iを特に「対外純投資」
と呼ぶ。

 

 S−I=NXの場合のNXを特に貿易収支(トレード・バランス)
と呼ぶが、これは純輸出の別名だと考えてよい。

 

 大事なことは
 ----------------------------------------------------------
 貿易黒字が生じたとき、対外純投資はプラスになっている。
 貿易赤字が生じたとき、対外純投資はマイナスになる。
 ----------------------------------------------------------   .
ということである。

 

 

       --------------------------
       ■小国開放経済の貿易収支■
       --------------------------

 

 さて閉鎖経済では、経済内での国内投資Iと国民貯蓄Sがちょう
ど釣り合う点、すなわちI=Sである均衡点に利子率rが決まるが、
しかし小国開放経済では「世界利子率r*」が所与のモノとして経済
の外部から与えられる。

 

 だからこの経済が閉鎖されていた場合の利子率rより、海外の利
子率r*の方がもし大きければ、お金はどんどん海外に流れ出してい
くことになる(お金は当然利息の高い方へ流れるからね)。

 

 そうなるとそれだけ国内投資Iが減ることになるが、貯蓄S−投
資I=貿易収支NXだから、
「小国開放経済においての貿易収支NXは、世界の利子率r*に対応
するSとIの関係によって決まる」
ということになる。

 

 

         ----------------------
         ■経済政策と貿易収支■
         ----------------------

 

・政府が購入Gを増やすと、国民貯蓄Sが減って貿易収支はマイナ
 ス方向に振れる。
・政府が減税してTを減らすと、国民貯蓄Sが減って貿易収支はマ
 イナス方向に振れる
・外国が政府購入を増やして世界利子率r*が上昇すると、投資Iが
 減って貿易収支はプラスの方向に振れる。
・政府が投資刺激策を講じて投資需要関数が上方へシフトすると、
 投資Iが増えて貿易収支はマイナス方向に振れる。
 とにかくNX=S−I。

 

 

          ------------------
          ■実質為替レート■
          ------------------

 

・実質為替レートが高くなれば、外国から買う財やサービスは相
 対的に安くなる。 
・実質為替レートが低くなれば、外国から買う財やサービスは相
 対的に高くなる。

 

------------------------------------------------------------

 

        実質為替レートεと政策

 

------------------------------------------------------------
----------
■実質為替レートεと純輸出NX
----------
 日本円の実質為替レートが高くなれば、日本のモノやサービスを
買うよりも外国のモノやサービスを買う方が安く付く。

 

 そして一方海外から見れば日本のモノやサービスは相対的に高く
なる。

 

 つまりレートが高くなれば海外からの輸入は増え、日本からの
輸出は減るということになる(純輸出が減少)。

 

 逆に日本円の実質為替レートが低くなれば、日本のモノやサービ
スを買う方が外国のモノやサービスを買うより安く付くので、海外
からの輸入は減り、日本からの輸出は増える(純輸出が増大)。

 

 これをグラフにすると、実質為替レートε(イプシロン)が増え
ると純輸出NXはマイナス方向に動き、εが減るとNXはプラス方向に
動くから、εとNXは反比例のような感じになり、下図のように右下
がりの曲線となる。

 

 で、上の復習のところで述べたとおり、小国開放経済ではNXは
「世界利子率r*によって国内投資Iが決まり、また一方国内貯蓄S
は国内の政策によって決まる」というわけだから、S−I=(定数)
となり、この国の実質為替レートは下図のε*の点で釣り合いがとれ
るということになる。

 

 ε(実質為替レート)
  ↑       S−I
 |   \    |
  |    \   |
 |     \  |
  |      \ |
 |       \|
ε*| --------------\
 |        |\ NX=NX(ε)
 |        | \
0 ―――――――――――――――→NX(純輸出)
     貿易赤字←0→貿易黒字 

 

 

----------
■実質為替レートεと政策
----------
 国民所得勘定の恒等式を純輸出で括ると、
 NX =Y−(C+I+G)=(Y−C−G)−I
    =S−I
ということだから、政府が政府購入Gを増やすと貯蓄Sは減る。

 

 Sが減れば当然S−I=NXも減ることになるから、下図1のよ
うにS−Iが左へシフトし、実質為替レート水準はε’へと上昇す
る。

 

<< 図1 >>

 

 ε(実質為替レート)
  ↑       S−I
 |   \ |← |
  |    \|  |
ε'|----------\  |
  |     |\ |
↑ |     | \|
ε*|----------|----\
 |     |  |\ NX=NX(ε)
 |     |  | \
0 ―――――――――――――――→NX(純輸出)
   貿易赤字  ←←  貿易黒字 

 

 

 逆に政府が政府購入Gを減らせばS−I曲線は右へとシフトし、
実質為替レートの均衡水準は下がる(図2)。

 

<< 図2 >>

 

 ε(実質為替レート)
  ↑    S−I
 |   \ |→ |
  |    \|  |
ε*|----------\  |
  |     |\ |
 ↓|     | \|
ε"|----------|----\
 |     |  |\ NX=NX(ε)
 |     |  | \
0 ―――――――――――――――→NX(純輸出)
   貿易赤字  →→  貿易黒字 

 

 

 また政府が税金Tを増やす(増税)と、可処分所得が減って消費
Cが減り、政府貯蓄も増えるから、国民貯蓄Sが増える。

 

 そうなると当然S−Iは増えるから、図2のようになり実質為替
レートεは下がる。

 

 逆に政府が税金Tを減らす(減税)と、可処分所得が増えて消費
Cが増え、一方政府貯蓄は減るから、国民貯蓄Sが減る。

 

 そうなるとS−Iは減るから、図1のようになり実質為替レート
εは上がる。

 

<まとめ>

 

 政府が政府購入を増やす →国民貯蓄Sが減る
             →S−Iが減るから純輸出NXが減る
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは上がる。

 

 政府が政府購入を減らす →国民貯蓄Sが増える
             →S−Iが増えて純輸出NXも増える
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは下がる。

 

 政府が増税する     →国民貯蓄Sが増える
             →S−Iが増えて純輸出NXも増える
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは下がる。

 

 政府が減税する     →国民貯蓄Sが減る
             →S−Iが減るから純輸出NXが減る
             →実質為替レートεとNXは逆相関だ
              からεは上がる。

 

 

 最後に海外の多くの国が政府購入を増やしたり減税したりした場
合は、、宿題と言うことにしておきましょう(誰の?)。

 

NEXT:貿易政策の効果と名目為替レート

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加