グロス・ドメスティック・プロダクト

グロス・ドメスティック・プロダクト

グロス・ドメスティック・プロダクト

 マクロ経済学を学ぶに当たり、まず覚えておかねばならない三種
類の統計がある。

 

 それは
「ジー・ディ・ピー」
「シー・ピー・アイ」
「アン・エンプロイメント・レイト」
である。

 

 これらがどのように作成され、どのような意味を示しているかを
まず確かめよう。今回はグロス・ドメスティック・プロダクト、つ
まり国内総生産GDPである。

 

----------
GDP(国内総生産・グロス・ドメスティック・プロダクト)
----------

 

 GDPとは国内(地域内)に住む人々全ての所得(収入)の合計
のことであり、国内(地域内)で生産された財やサービスに対する
総支出額(代金の総額)のことである。

 

 たいていは一年ごとの統計であり、去年のGDPは500兆円とか、
一昨年のGDPは470兆円とかいう風に言う。

 

 以前はGNPと呼ばれる指標がよく用いられたが、これはある国
の国民全員の収入合計であり、国民の支出合計のことであった。

 

 GDPがGNPとどう違うのかというと、GNPは
「人々の収入と支出を国籍別に集計して合計したモノ」
であり、
一方GDPは
「人々の収入と支出を、住んでいる地域別に集計して合計したモノ」
のことなのである。

 

 つまり
「ある国で生活している人ならどこの国籍を持っていようとも構わ
ず、とにかくその国で収入を得たり(給料をもらったり)支出(買
い物や支払い)をしたりしていればその国の勘定に入れましょう」
ということで、GDPだと海外に住んでいる自国人については計算
に入れずにすむので、円なら円、ドルならドルといった自国の通貨
だけで計算が済むという利点がある。

 

 海外に住む自国民の収入と支出とを計算しようとすると、物価水
準も異なるし単純に自国通貨に換算して計算しようとしても少し問
題がある。なぜなら外国での取引はその国での経済状態に従ってい
て、自国の経済状態とは基本的には別だからである。

 

 だがGDPだと国境を境にした内側だけで国内の計算は済んでし
まうし、国内と海外との金や財やサービスの取引は国境のどこかで
必ずカウントされることになるから、楽なのである。

 

 

----------
ストックとフロー
----------
 フローというのは動いている量のことであり、ストックとは溜ま
っている量のことである。

 

 水で言うと、蛇口から流れ出た水はフローでありバケツに溜まっ
た水はストックである。バケツから漏れて出た水はフローであり、
地中に溜まった水はストックである。

 

 またこの関係は「フロー」=「ストックの変化分」と言う風に理
解できるから、消費者の「貯金」や「借金」はストックであり「収
入」や「支出・支払い」などは貯金や借金を変化させているという
ことである。

 

 経済連関では
1.消費者の富はストック、所得や支出はフロー
2.失業者の数はストック、新規の失業者数はフロー
3.経済の総資本はストック、投資はフロー
4.政府の負債額はストック、財政赤字額はフロー
ということになる。

 

 GDPはこの経済における金銭のフローを測定しているわけで、
だから販売者側から見た側面(生産)と消費者側から見た側面(支
出)の二つの面があり、取引とは財やサービスと金銭を交換するこ
とであるから、これらが常に等しいことになるのである。

 

----------
GDPの計算ルール
----------

 

 GDPは基本的に(売れたモノ)×(売れた数)の合計である。
 すなわち

 

  売れたリンゴの数×その売却代金
  + 売れたミカンの数×その売却代金
   + …
    = ΣPi・Qi

 

である。

 

 だがこれだけでは問題がある。
 というのもこれでは生産途中の「中間財」が何度も重複して勘定
されてしまう場合が生じるのである。

 

 大抵の財やサービスはいくつもの生産段階を経て完成されるので、
原材料はある企業によって加工され中間財(そのままで消費されな
い財)となり、それが他の企業に売却されて最終加工されるわけで、
たとえば牧場主は100gの牛肉を50円でマクドナルドに売り、マクド
ナルドはそれを加工して消費者に150円で売るわけである。

 

 そうすると今までの計算ではGDPは50円+150円=200円という
ことになってしまう。つまり最初の牧場主の売った50円が二回カウ
ントされてしまうのである。

 

 だからGDPは中間財を除いた最終(消費)財だけを計算しなけ
ればならないわけなのだが、考えてみればどこまでが中間財でどこ
からが最終財であるかは結構あやふやである。

 

 新聞社は新聞を売り、消費者はそれを買って読んで消費するが、
その後新聞紙は古新聞屋に回収されて再生紙となる。これでは消費
されたのがいくらかは曖昧だ。

 

 だからGDPの計算には「企業の付加価値(バリュー・アディド)
」だけを合計するという方法が考えられた。

 

 牛肉100gを使ったハンバーガーの場合だと、牛肉100gの価格や
バンズ(パン)代・ケチャップや光熱費などの諸経費を差し引いた
額がハンバーガーの「付加価値」であり、たとえば牛肉以外の経費
が70円かかったなら、150円-50円-70円=30円が「ハンバーガー企
業が生産した付加価値」になる。 

 

 つまり GDP=Σ{(売却価格 - 中間財価格)×売れた数}i
である。

 

----------
在庫と帰属価値:GDPに入るモノ入らないモノ
---------- 
 在庫として購入した財もフローであるからGDPに算入される。

 

 在庫自体はストックであるが、在庫量の増分や減分はフローであ
る。だからGDPに算入されてGDPを大きくする。

 

 同じ理屈で公害などの発生もGDPを押し上げる。

 

 なぜなら公害を解決するために有害物質除去設備が用いられ、フ
ローが発生するからである。

 

 が公害を放置しておればGDPは増えない。

 

 また自宅に住んでいても、市場価格を参考にして家賃がフローと
してGDPに算入される。

 

 実際にお金が動いていないのに推定して算入するこういう価値を
「イムピュート・バリュー」という(日本語では「帰属価値」)。

 

 すなわち自宅に住んでいても住宅サービスは発生しているという
理屈らしい。同様に公務員の行政サービスも公務員の給料を参考に
算入されている。

 

 ただこのような価値が全てGDPに算入されているかと言えば、
そうでもない。たとえばどんな旨い豪華な食事を作っても、自家消
費のための生産による付加価値はGDPに算入されない。

 

 最後にアンダーグラウンドで生産される財やサービスももちろん
GDPには算入されない。人殺しサービスや脱税サービスは算入さ
れない。

 

 GDPはその地域に住んだり滞在したりした人間の所得合計であ
り、かつ、支出合計であるが、そういうわけで計算から外されたり
計算から漏れたりする財やサービスがあるのは確かである。

 

 しかしそれにも関わらず、GDPは経済の指標として大きな意味
をもつ指標である。

 

 

(次回はGDPデフレータ・他、の予定)
------------------------------------------------------------

 

          今日のまとめ

 

------------------------------------------------------------

 

 GDPとは、一年間にその地域に住んだり滞在した人間の得た収
入の合計であり、支払った支出の合計である。

 

 GDPは一年間のその地域の金銭フローを計算したモノであり、
在庫のための購入もGDPに計算される。

 

 GDPの計算は、企業や組織の生産した「付加価値」すなわち
「財やサービスの売却価格から中間財などのコストを差し引いた金
額」の合計で計算する。

 

 またGDPには実際に支払われていない家族の部屋代(イムピュ
ート・バリュー:帰属価値)などが推定されて計算に入っている。

 

------------------------------------------------------------

 

           今日の余談

 

------------------------------------------------------------

 

 教習所通いを始めたのはいいけど、混んでいて予約が一週間以上
先しかとれない。仕方がないのでキャンセル待ちの毎日です。

 

NEXT:GDPデフレーター

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加