GDPデフレーター

GDPデフレーター

GDPデフレーター

 

 マクロ経済学を学ぶに当たり、まず覚えておかねばならない三種
類の統計がある。それは何かというと、GDP、CPI、失業率の
三つである。

 

 GDPとは国内(地域内)に住む人々全ての所得(収入)の合計
のことであり、国内(地域内)で生産された財やサービスに対する
総支出額(代金の総額)のことである。そしてGDPはその地域に
おける一年間の「フロー」を確定したものである。

 

 GDPの計算は、各企業・組織ごとの付加価値の合計として行わ
れる。つまりGDP=Σ{(売却価格 - 中間財価格)×売れた数}i
である。ただしGDPは実際に取り引きされて発生した付加価値だ
けを対象としているわけではない。自宅に住んでいても、市場価格
を参考にして家賃がフローとしてGDPに算入されたりする。

 

 実際にお金が動いていないのに推定して算入するこういう価値を
「イムピュート・バリュー」という(日本語では「帰属価値」)。
 すなわち自宅に住んでいても住宅サービスは発生しているという
理屈らしい。同様に公務員の行政サービスも公務員の給料を参考に
算入されている。

 

 ただこのような価値が全てGDPに算入されているかと言えば、
そうでもない。たとえばどんな旨い豪華な食事を作っても、自家消
費のための生産による付加価値はGDPに算入されない。

 

 最後にアンダーグラウンドで生産される財やサービスももちろん
GDPには算入されない。人殺しサービスや脱税サービスは算入さ
れない。

 

 GDPは経済の指標として大きな意味をもつ指標である。

 

 

------------------------------------------------------------

 

         GDPデフレーター

 

------------------------------------------------------------
----------
名目GDPと実質GDP
----------
 GDPは最終消費財(或いはサービス)の価格×売れた個数の合
計で計算される。ただしこれではインフレの影響を受けることにな
り、毎年の実質的な経済成長を考える場合問題が起こる。

 

 たとえば南アメリカの某国のように、年率1,000%もの猛烈なイン
フレがあれば、一年後のGDPは一気に十倍以上になる計算になる。

 

 もちろん一年間で経済が十倍になるなんて事は考えにくい。なぜ
ならそれは全ての財やサービスの取引量が一気に十倍になっている
という事であるから。

 

 つまりこの場合は

 

 {GDP}=Σ{財やサービスの価格}×{取引量}

 

のうち取引量が十倍になったわけではなく、財やサービスの価格が
十倍になっただけなのだ。

 

 このような単純な{価格}×{個数}の総和で計算したGDPを
「ノミナル(名目)GDP」と呼ぶ。

 

 それに対してモノの値段を基準年に換算して計算したGDPを
「リアル(実質)GDP」と呼ぶ。

 

 たとえばノミナルなGDPでは 

 

 {2000年のGDP}=Σ{2000年の財やサービスの価格}
                   ×{2000年の取引量}

 

となるが、リアルなGDPでは、

 

 {2000年のGDP}=Σ{1990年の財やサービスの価格}
                   ×{2000年の取引量}
となる(※西暦1990年基準)。

 

 経済厚生(経済的な満足度)を示す値としてはリアルなGDPの
方が優れている。

 

 

----------
GDPデフレーター(deflator)
----------
 GDPデフレーターとは、名目GDPを実質GDPで除したもの
(割ったもの)である。

 

 つまり

 

{名目GDP}/{実質GDP}={デフレーター}

 

である。これはGDPのimplicit price deflatorとも呼ばれる。

 

deflatorとは「収縮させるモノ」、イムプリシットとは「暗黙の、
言外の」という意味であるが、具体的に1990年基準で2000年のGD
Pデフレーターを考えると、

 

{2000年GDPデフレーター}
  =Σ{2000年の財iの値段×2000年に取引された財iの個数}
   /Σ{1990年の財iの値段×2000年に取引された財iの個数}

 

となり、デフレーターは「2000年にその国の住人が買った全ての財
を1990年に買った場合と比べたモノ」と言うことで、つまり価格に
関する一つの指標である。

 

 デフレーターの定義式を変形すると

 

{名目GDP}={実質GDP}×{GDPデフレーター}

 

となるが、これは名目GDPを物量比(実質GDP)と価格比(デ
フレーター)に「分割」したものだということである。

 

※もちろん基準年に対する比較です。

 

----------
国民所得勘定
---------- 
 国民所得勘定では、GDPを四つの項目の支出として分類する。
 その四つとは、すなわち「消費C」「投資I」「政府購入G」
「純輸出NX」である。

 

 GDPをY(イールド:産出)で表すと、

 

Y=C + I + G + NX

 

となり、GDPに算入される支出はこの四項目のどれかに当てはめ
られるのである。
 これらの項目はさらにもう少し細かく分けられる。

 

■消費C(コンサムプション):

 

 一般の家庭が購入した財やサービスでさらに三つに分けられる。

 

1)非耐久消費財:食品や衣類など短期間しか持たない財の購入
2)耐久消費財:自動車や洗濯機のような長期間利用できる財購入
3)サービス :理髪や医療など個人的なサービスの購入

 

■投資I(インヴェストメント):

 

 将来の用途のために購入された財。これも三つに分けられる

 

1)企業固定投資
2)住宅固定投資
3)企業在庫投資(在庫の変化分。削減の場合はマイナスになる)

 

■政府購入(ガヴァメント パーチャス):

 

 中央政府や地方政府・自治体などによる財やサービスの購入。
 軍事支出・道路建設・公務員サービスなど。
 ただし社会保障や福祉関連支出は含まれない。

 

■純輸出(ネット エクスポーツ):

 

 {輸出 - 輸入}

 

 

 

NEXT:消費者物価指数とGDPデフレータ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加