短期的な生産量(総供給)

短期的な生産量(総供給)

短期的な生産量(総供給)

 

 短期的な視点で見ると、需要が減っても価格はなかなか下がらな
い(硬直的である)。極端な場合は売れても売れなくても同じ値段
のまま商売をしようとする会社も多い。

 

 そうなると「物価水準は固定的で、生産量が伸縮的」になる。

 

 つまり短期的な総供給曲線(SRAS)は下図のようにフラット(水
平)になるから、たとえば中央銀行が貨幣流通量を減らしたとした
なら需要曲線が0に近づいて「生産水準が下がる」。

 

 P(物価水準)
  ↑     
 |  ←\  
  |  \ \ 
 |   \ \
  |――――\―\―――――SRAS
 |     \ \       
  |      \ \
 |       \←\
 |        \ D
0 ―――――――――――――――→Y(産出、所得)

 

 需要曲線が0方向にシフトしても、企業はすぐに販売価格を下げ
るということをしないので、売れない(当たり前)。

 

 そして売れないから在庫が倉庫に山積みになり、生産が止まる
(当然だ)。よって生産水準が下がる。

 

スポンサードリンク

短期と長期の接点

 

 短期のグラフと長期のグラフを重ねると、必ず交点ができる。
 短期的な変動が小さいとき、需要曲線Dはこの交点を通過するこ
とになるだろう。
 P(物価水準)
  ↑      LRAS
 |   \  |
  |    \ |
 |     \|
  |――――――\―――――SRAS
 |      |\
  |      | \
 |      |  \
 |      |   AD(総需要)
0 ―――――――――――――――→Y(産出、所得)

 

 

 ここで前回のように中央銀行が貨幣流通量を減らしたとする。
 そうすると需要曲線ADは0に近づくが、短期的には価格は硬直的
なもんだから、生産水準はSRAS曲線に沿ってaまで下がることにな
る。

 

 P(物価水準)
  ↑      LRAS
 |   \  |
  | \  \ |
 |  \  \|
  |―――\←←\―――――SRAS
 |   a \ |\
  |     \| \
 |      \  AD(総需要)
 |      |   
0 ―――――――――――――――→Y(産出、所得)

 

 次に時間がたつにつれてADに沿って物価水準が徐々に下がって、
「長期的には生産水準が回復する」。ただしこのときSRASは下がっ
ている(SRAS’)。

 

 P(物価水準)
  ↑      LRAS
 |   \  |
  | \  \ |
 |  \  \|
  |―――\――\―――――SRAS
 |   a \ |\
  |   ↓ \| \    ↓
 |   ・→b\―――――SRAS'
 |      |   
0 ―――――――――――――――→Y(産出、所得)

 

 そうしてLRASは変化しないが、新しい需要曲線ADに対して新しい
SRASができることになるわけである。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加