大不況、デフレ、ピグー効果

大不況、デフレ、ピグー効果

大不況、デフレ、ピグー効果

 大不況がなぜ起こったか、経済学者たちは未だに論争を続けてい
る。
 大不況がなぜ起こるのか突き止められないと、大不況が起こる前
に手を打つことができないから、これは意味のある論争であると言
える。
 大不況についての仮説をIS−LMモデルで考えてみる。

 

----------
■支出仮説:IS曲線へのショック
----------
 1930年代の大不況(ヨーロッパの農作物輸入制限によってア
メリカの農業が輸出先を失い、物価の大暴落や株の大暴落を引き起
こした1929年からの不況。エンパイア・ステートビルを始めとする
マンハッタンの摩天楼は実はこの前あたりの時期にできた)は、所
得の低下と利子率の低下が同時に起こった。

 

 だからこれはIS曲線への縮小的なシフトであった、という主張
がある。これを「支出仮説」と呼ぶ。

 

 物価の暴落、株式の暴落
→不確実性(将来に対する不安)の増大
→投資が減り、貯蓄が増えた
→金回りが止まり、不況

 

 銀行の倒産、
→投資可能な資金が減り、投資家が必要な資金を集めることができ
なくなった

 

 その上、アメリカ政府は財政政策拡大より、均衡財政を目指した。
 高失業率にもかかわらず「政府支出の即時的で思い切った減少」を
行い、租税率の引き上げを行った。

 

 これらの事実がIS曲線を縮小シフトさせた、、というのがつまり
「支出仮説」である。

 

 IS曲線というのは、

 

 Y  = C(Y−T)+I(r)+G

 

だから、政府支出Gの減少も、銀行倒産による投資Iの減少も、不確
実性の増大による消費減少も、増税による可処分所得の減少による消
費減少も、すべて所得&産出Yの減少を引き起こす。

 

 

利子率r
 |\   \  /LM曲線
 | \ ← \/
r*|  \  /\
 |   \/  \
 |   /\   \
 |  /  \ ← \IS曲線
 |    
  ―――――――――――Y(所得・総生産)
0    y* ← y

 

 

----------
■貨幣仮説:LM曲線へのショック
----------

 

 アメリカの貨幣供給は、1929年から1933年までに25%も落ち込
んだ。

 

 同時期に失業率も3%から25%(!!)に跳ね上がった。

 

 このような四分の一にも及ぶ失業率の原因は、デフレにあるとい
う考え方ができる。

 

 というのもこの間、物価水準も25%(!!)も落ち込んでいるから
である。

 

 物価水準Pの下落は、実質貨幣残高M/Pを増大させる。

 

 実質貨幣残高が増大すると言うことは、よりたくさんの財やサー
ビスを購入できるようになると言うことである。だからこれは拡張
的なLM曲線のシフトを発生させる。

 

 

★LM曲線:M/P = L(r、Y)

 

 利子率r     LM1(P1)
 |  \    /   LM2(P2)
 |   \  /   /
r*|    \/   /  【P1>P2】
 |    /\  /
 |   /  \/
 |  /   /\IS曲線
 |    
  ―――――――――――Y(所得・総生産)
0     Y1  Y2

 

 そうするとIS−LMモデルでは産出量Yが増えることになるの
だがーーー、そうならなかった。

 

----------
■ピグー効果
----------
 この時代の古典派経済学者アーサー・ピグーは、物価水準の下落
が実質貨幣残高M/Pを増大させ、これは家計の富の増大を意味す
るから、消費者はより裕福感を得て支出を増やしIS曲線を右にシ
フトさせて産出量Yを増やすだろう、、と考えた。

 

 これはつまり「物価が下がったら、消費者はたくさんモノを買う
から消費が増え産出量が増える」ということで、特に「ピグー効果」
と言う。

 

 だがしかし、物価が下がれば産出量が増えるとは限らない。

 

 農産物の消費量は国民の胃袋の大きさや食欲によってある一定の
範囲内に留まるし、衣料品だって日用雑貨だってそうである。

 

 ユニクロが安いがカラーバリエーション豊かな衣料を売りまくれ
ば、ユニクロ自体は儲かるにしても他の店の高い衣料は売れなくな
る。

 

 同じ量の衣料がより安い値段で売られるなら、総産出量Y(金額)
は当然減る。

 

 物価が上がると人々はモノがたくさん買えなくなり文句を言うが、
物価が下がってもそれほどたくさん買わないから、結果的に産出量
Yは減って給料も減る、、、ということらしい。

 

 

(つづく。次回はデフレの不安定効果の予定)
------------------------------------------------------------ .

 

          今回のおたより・・・

 

------------------------------------------------------------

 

 加藤さまからお便りをいただきましたので、ご紹介いたします。

 

----------

 お久しぶりです。岐阜の加藤です。

 

IS−LM分析が佳境に入ってきたので、そろそろ僕も参加させて
いただきます。

 

最近、ようやく「マンキューのマクロ経済学」(第4版)の翻訳
作業も軌道に乗り、昨年の11月には、まだ第3章の途中だったの
が、2月下旬には第8章の開放経済が終わり、第2部の長期経済が
了しそうです。つまり、みちもとさんの9ヶ月遅れで始まって6ヶ
月遅れにまで追いついて来ました。

 

 それとともに、気になる部分も出てきました。それは、第7章の
貨幣とインフレーションで取り上げられていなかった「古典派の二
分法」です。

 

みちもとさんのメルマガの中では、ハイパーインフレーションと
か、インフレの社会的コストが中心となっており、陰に隠れて最後
に取り上げられていなかった部分です。

 

 「古典派の二分法」とは、古典派経済学が長期分析を主として扱
っており、実質変数と名目変数間の理論的な分離を行うことです。
長期分析においては、物価水準、インフレ率、名目賃金などの名
目変数を主に取り扱っており、これらは貨幣単位で表示されます。

 

 それに対して、短期では実質GDP、実質賃金率、実質利子率、
実質為替レートという実質変数を主に取り扱って、貨幣供給量が実
質変数に影響を与える場合を考察することになります。

 

 IS−LM分析の持つ意義は、「古典派の二分法からの脱却にあ
る」ことが理解できれば良いのではと僕は思います。

 

IS曲線は、マンキューのマクロ経済学ではケインジアン・クロ
スと投資関数から導出していますが、僕が大学時代に学習したモデ
ルは4象限グラフを用いました。

 

 すなわち、第2象限に投資関数、第3象限に貯蓄ー投資曲線
(I=S曲線)、第4象限に貯蓄関数を任意に作図して、第1象限
にIS曲線を描くという導出方法です。

 

 LM曲線は、第2象限に投機的需要に基づく貨幣需要、第3象限
に貨幣供給、第4象限に取引動機に基づく貨幣需要を任意に作図し
て、第1象限にLM曲線を導出します。

 

 マンキューの経済学を読むにつれて、違和感を覚えるのも仕方が
なかった部分です。古いタイプの経済学の教科書で勉強した人は、
あまり長期分析と短期分析を認識していなかったし、モデルの導出
とモデルによる財政政策と金融政策の演習が主だったのではないで
しょうか?

 

 IS曲線を使えば、クラウディング・アウト効果の分析は簡単で
すし、LM曲線は、垂直な部分と水平な部分の典型的な部分の分析
を中心に行うのが主流でした。
悲しいかな、メルマガでは4象限グラフは表現できない限界を感
じる、つらい現実です。

 

 今後は、第12章の開放経済における総需要(日本語版では、第
1巻第10章の短期の開放経済)という小国開放経済と大国開放経
済にIS−LM分析を絡める内容になるようですので、早く僕も大
国開放経済まで読み進もうと思っています。

 

かなり、長文となりましたが、参考になれば幸いです。

 

----------
(^_^;)
 どうも、いろいろご指摘ありがとうございます。

 

 テキスト・ベースのメルマガだと、グラフなどを表示するのが難
しいのでどうしても言葉だけの説明になるのは辛いところですが、
逆に言うとそんな面倒臭いことをしなくて良いという事でもありま
す(笑)。

 

 AがどうなったらBがどうなり、その結果Cはどうなる、、、と
言った筋道を何通りか覚える程度でええんとちゃう? というのが、
私の持論です。

 

 経済学って言うのは結局、人間が経済環境の変化に対してどう行
動するモノなのかという一種の「人間学」だと私は思っています。

 

 お便りありがとうございました。

 

 

NEXT:予期せぬデフレ、予期されるデフ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加