LM曲線の導出

LM曲線の導出

LM曲線の導出

■流動性選好理論
----------
★実質貨幣残高の供給:

 

 貨幣の供給量は、政府の政策(あるいは中央銀行の方針)で決定
される。すなわち短期的には{一定}である。

 

 短期分析において物価水準は{硬直的}なので、実質貨幣残高
M/Pは実質利子率rと関係なく{一定}である。

 

★実質貨幣残高の需要:

 

 一方実質貨幣残高に対する需要Lは、利子率rによって左右され
る。
 利子率rが高ければ人々は手元に貨幣を置いておかず、投資を行
ったり定期預金にしたりするから需要Lは下がる。
 一方利子率rが低ければ、金を投資しても預けても見返りはない
ので、資産を現金に代えてモノを買う。
 そういうわけで利子率rに対して貨幣残高需要関数Lは、逆相関
の関係になる。

 

 

★流動性選好理論:

 

 そういうわけで貨幣市場は実質貨幣残高の{供給}と{需要}が
均衡するように利子率rを調整するというのが「流動性選好理論」
である。

 

利子率r
 | \   |M/P(供給)
 |  \  |
 |   \ |
 |    \|
r|……………|
 |     | \
 |     |  \L(r)
  ―――――――――――M/P(実質貨幣残高)

 

 ケインズの流動性選好理論は、IS−LM曲線を導出するビルデ
ィング・ブロックの一つである。

 

------------------------------------------------------------

 

         LM曲線の導出

 

------------------------------------------------------------
----------
■所得と実質貨幣残高の需要
----------
 ケインズの流動性選好理論では、利子率rのみが貨幣の実質残高
の需要に影響を及ぼすモノと仮定している。

 

 だが所得も貨幣需要を変動させる要因の一つである。

 

 たいていの場合、人々は収入が増えればより多くのモノを買うか
ら、貨幣に対する需要が増える。

 

 一方収入が減れば節約してあまりモノを買わないから、貨幣に対
する需要が減る。

 

 つまり収入の変動が貨幣の需要を変動させるから、実質貨幣残高
への需要関数Lは、利子率rと所得Yの関数L(r、Y)となる。

 

 所得Yが増えればLは外側にシフトするし、所得Yが減ればLは
O側に寄ることになる。

 

利子率r
 |   →
r'| \   \
 |  \ → \
↑|   \   \
 |    \ → \
r|     \   \
 |      \   \L(r、Y2)
 |      L(r、Y1)
  ―――――――――――→M/P

 

 で、所得が増えてLカーブが外側にシフトすれば、貨幣供給は一
定だから、利子率rは上昇することになる。

 

 つまり所得Yが増えると利子率rが上昇するのだから、LM曲線
は順相関(右肩上がりの曲線)であるということになる。

 

 

利子率r
 |       /LM
 |      /
 |     /
 |    /
 |   /
 |  /
 |    
  ―――――――――――Y(所得・総生産)

 

  収入が増えれば貨幣(実質貨幣残高)への需要が増える
 →利子率rは上昇する

 

ということにちゃんとなってるね。

 

----------
■金融政策とLM曲線
----------
 では金融政策を引き締めるとLM曲線はどうなるか?

 

 前回金融引き締めを行うと、利子率rは短期的には増加するとい
う話があったが、上の図のLM曲線でYが一定かつrが上昇という
状態は読みとれない。

 

 つまりこの場合はLM曲線自体が上にシフトするわけである。

 

利子率r     LM'
 |      /  LM
r'|……………/  /
 |    /| /
 |   / |/
r|……/……/
 |    /|
 |     |
  ―――――――――――Y(所得・総生産)
       Y
NEXT:貨幣の数量方程式とLM曲線

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加