経済政策と貿易収支

経済政策と貿易収支

経済政策と貿易収支

----------
■基本式(復習)
----------
 国民所得勘定の恒等式を変形すると、
 NX =Y−(C+I+G)
となる。

 

 また国民貯蓄SとはGDPから消費Cと政府購入Gを差し引いた
モノでS=Y−C−Gであるから、これを上の式に代入すると、
 S−I=NX
である。

 

 このS−Iを特に「対外純投資」と呼び、S−I=NXの場合の
NXを特に貿易収支(トレード・バランス)と呼ぶ。

 

 トレード・バランスとは、純輸出の別名であり、S−I=NX>0
の時が「貿易黒字(貿易過剰)」、S−I=NX <0の時が「貿易
赤字(貿易不足)」となる。

 

 貿易黒字が生じたとき、対外純投資もプラスになっている。
 貿易赤字が生じたとき、対外純投資はマイナスになる。

 

 小国開放経済のモデルでは、「資本の完全(自由)移動性」を仮
定し、この経済の実質利子率rは世界利子率r*に等しい。

 

 世界利子率r*を決めるのは、世界全体を一つの閉鎖経済と考えた
場合の世界の貯蓄Swと投資Iwの均衡である。

 

 小国開放経済では、利子率は所与のモノ(given:自分では決めら
れないモノ)である。
である。

 

図:IS-rモデル
 r(利子率)
  ↑        S(一定)
 |   \    |
  |    \   |
r*|----------\−−|
  |     :\ |
 |     : \|
r'|----------------\
 |     :  |\I=I(r)
 |     :  | \
0 ―――――――――――――――→I、S(投資;貯蓄)
         ←―→ 
NX:貿易黒字

 

 閉鎖経済ではI=Sである均衡点に利子率rが決まるが、しかし
小国開放経済では、世界利子率r*が所与のモノとして経済の外部か
ら与えられるから、この経済が閉鎖されていた場合の利子率r'よ
りもしr*が大きければ、それだけ投資Iが減ることになる。

 

 貯蓄S−投資I=貿易収支NXだから、
「小国開放経済において貿易収支NXは、世界の利子率r*に対応す
るSとIの関係によって決まる」。

 

 

------------------------------------------------------------

 

        経済政策と貿易収支

 

------------------------------------------------------------
----------
■政策の変更と貿易収支
----------
 まず貿易収支が均衡していて純輸出が0の場合を考える。

 

 この場合は閉鎖経済と同じくI=Sになっている(ただし利子率
r=r*)。

 

 ここでもし政府が政府購入Gを増やすとすると、S=Y−C−G
だから国民貯蓄Sは減少する。

 

 一方小国開放経済では実質利子率rはr*で一定だから、投資Iは
以前と変わらず、当初I=SであったものがNX=S−I<0とな
って「貿易赤字が発生する」。

 

 これをIS−rモデルで確認してみると、

 

図:IS-rモデル
 r(利子率)
  ↑     S'← S
 |   \ |  |
  |    \|  |
 |     \  |
  |     |\ |
 |     | \|
r*|----------|----\
 |     |  |\I=I(r)
 |     |  | \
0 ―――――――――――――――→I、S(投資;貯蓄)
         ←―→ 
貿易赤字

 

となり、確かにそうである。

 

 また政府が減税を行ってTを減らしたとする。

 

 減税は消費を喚起するから国民貯蓄Sはやっぱり減少させる。

 

 減税分のいくらかは民間貯蓄にまわって国民貯蓄を増やすが、一
方減税した分だけ公的貯蓄は大きく減るから、トータルでは国民貯
蓄Sは減ることになる。

 

 そうなると政府購入Gを増やした場合と同様に「貿易赤字が発生
する」。

 

 

----------
■外国の影響
----------
 ある外国の政府が政府購入を増やしたとしよう。

 

 その国(或いは国々)が小国であれば世界利子率r*は変化しない
が、無視できない経済規模であれば世界利子率r*は跳ね上がる。

 

 世界利子率r*が跳ね上がれば、小国開放経済内の投資I=I(r)
は減る。というのも利子率rが上がると金を借りて儲かる商売が減
るから、国内への投資が冷えるのである。

 

 一方国内の国民貯蓄Sには大きな変化がないからNX=S−I>0
となり「貿易収支は黒字になる」。

 

 モデルで確認すると、

 

図:IS-rモデル
 r(利子率)
  ↑        S(一定)
 |   \    |
  |    \   |
r*'|----------\−−|
↑ |     :\ |
↑ |     : \|
r* |----------------\
 |     :  |\I=I(r)
 |     :  | \
0 ―――――――――――――――→I、S(投資;貯蓄)
         ←―→ 
貿易黒字
ということである。

 

 

----------
■投資需要の変化
----------
 政府が投資減税などを行って経済刺激策を取ると、投資関数曲線
がシフトする。

 

 つまり同じ収益を上げるために必要な投資コストが減税分だけ下
がることになるから、利子率r*に対して儲かる投資が増えることに
なる。

 

 そうなると当然投資Iは増え、国民貯蓄Sより大きくなって
NX=S−I<0となり「貿易赤字が発生する」。

 

 貯蓄Sより投資Iが大きくなるのは、海外から金を借りていると
いうことである。

 

 モデルで確認する。

 

図:IS-rモデル
 r(利子率)
  ↑シフト  S(一定)
 |\→→\ |  
  | \  \| 
 |  \  \  
  |   \ |\ 
 |    \| \
r*|----------\----\I'=I(r*)
 |     |\ :\
 |     | \: \
0 ―――――――――――――――→I、S(投資;貯蓄)
        ←――→ 
貿易赤字

 

----------
■今回のまとめ
----------
 そういうわけで、最後に少しまとめておく。

 

・政府が購入Gを増やすと、国民貯蓄Sが減って貿易収支はマイナ
 ス方向に振れる。
・政府が減税してTを減らすと、国民貯蓄Sが減って貿易収支はマ
 イナス方向に振れる
・外国が政府購入を増やして世界利子率r*が上昇すると、投資Iが
 減って貿易収支はプラスの方向に振れる。
・政府が投資刺激策を講じて投資需要関数が上方へシフトすると、
 投資Iが増えて貿易収支はマイナス方向に振れる。

 

 とにかくNX=S−Iを考えればいいということですかね?

 

NEXT:為替レート

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加