貨幣供給・貨幣需要

貨幣供給・貨幣需要

貨幣供給・貨幣需要記事一覧

貨幣供給のモデル 部分準備制度と信用創造

 貨幣はあるが銀行のない世界では、貨幣の供給量は世間にある現金の総合計に等しい。ここでは話を簡単にするため、その総合計を1000ドルであると仮定する。 そこで銀行というモノができる。 銀行は人々から現金を預かって貸し出すわけであるが、預かった金額から貸し出した金額を引いた部分を「リザーブ(準備)」と...

貨幣供給のモデル 部分準備制度と信用創造

 

マネタリー・ベース 金融政策の3手段

 さてここで貨幣供給をMとし、人々の保有している現金通貨C、人々が銀行に預けている預金をDとする。 たぶんMがマネー、Cがカレンシー、Dがデポジットの略かと思うが、そういうわけで貨幣供給量Mは 貨幣供給量: M=C+Dとなる。 次に貨幣供給量Mの三つの外生変数を以下のように定義する。1)マネタリー・...

マネタリー・ベース 金融政策の3手段

 

資産選択動機仮説 取引動機仮説

 IS-LMモデルを構築した時点で、貨幣需要は所得Yと名目利子率に依存すると考えた。 つまり M/P=L(i,Y) である。 しかし「資産」は何も貨幣だけではない。土地や建物、株式や債権、そのほかの財産など、様々である。 人々が諸資産(ポートフォリオ)のうちどれだけを貨幣で所有するかは、諸資産それぞ...

資産選択動機仮説 取引動機仮説

 

おしらせ+ごあいさつ

 というわけで、2000年2月に始めたこのメルマガも、今回でとりあえず終了です。 ポール・ミルグロム&ジョン・ロバーツの「組織の経済学」を読破するのに13ヶ月。マンキューの「マクロ経済学」を読破するのに(就職して仕事が忙しくなったいうこともありましたが)一年と10ヶ月。 ごく一部分だけは大学の経済原...

おしらせ+ごあいさつ