変身価値には「エンブレム」

変身価値には「エンブレム」

さらば価格競争。コモディティ化の罠から抜け出せ!―コモディティ、製品、サービスに続く、第四の経済価値「経験」

経験価値には「記念品」、変身価値には「エンブレム」

人は様々な経験をしたあとに、
それを思い出したり他人に話したりするために、
記念品やおみやげを買う。

 

楽しかった思い出や、
他人に自慢できるような経験をすれば、
その度合いは増えるし、
記念品やおみやげに支払う対価も多くなる。

 

この傾向はアメリカより日本の方が強いようで、
東京ディズニーランドなど、
入場料収入より園内のグッズ販売の売り上げの方が多く、
収入の大きな柱となっている。

 

だから東京ディズニーランドの企画がオファーされた当時のディズニーの担当者は、
「なぜトーキョー・ディズニーランドを直営にしなかったか」と、
ひどく後悔しているなんていう話もあるくらいである。

 

そう言う風に人々は感慨深い経験を心にとどめるために、
記念品やおみやげを手に入れるのだが、
人々は変身した証(あかし)としても、
その象徴となるモノを欲しがる。

 

変身した証としての象徴、それが「エンブレム」である。

 

エンブレムと言うとまず、
ブレザーの胸についているこぶし大のワッペンをい出すが、
第一義としては象徴とか象徴的文様とか言う意味である。

 

変身した証としてのエンブレムは、
指輪・クロス・旗・トロフィー・メダル・バッジ・メダリオン・記章などの形をとる(→A250ページ)。

 

「あなたは修行やトレーニングの結果、
見事に上達しました」と言って手渡すのが変身した証としてのエンブレムである。

 

そうやって顧客の変身段階を確認し、
励ますというのが変身ビジネスには非常に大事である。

 

NEXT:エンブレムと指導

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加