財布を開けるのは苦痛だ。

財布を開けるのは苦痛だ。

さらば価格競争。コモディティ化の罠から抜け出せ!―コモディティ、製品、サービスに続く、第四の経済価値「経験」

財布を開けたり閉めたりするのは苦痛だ。

阪神パークや宝塚ファミリーランドと、
ディズニーランドやユニバーサル・スタジオは、
一体何が違うのか?

 

一つはスキのなさ。

 

日常から切り離して人々を、
脱日常空間へ引き込むことに心を配っている。

 

たとえばディズニーランドやユニバーサル・スタジオは、
最初に十分高い入場料を支払う。

 

最初に入場料を支払えば、
後は何を見ようと何に乗ろうが構わない。
夜までボーっとしていようが、
ミッキーマウスと遊んでいようがタダである。

 

飲み食いは別料金だが、
しかし何かを見たり何かの乗り物に乗るたびに財布を開き、
「見ようか見ずに過ごすか」「乗ろうか乗るまいか」と、
金銭的な葛藤にさいなまれることはない。

 

見たいものがあれば見ればよいし、
乗りたいものがあれば乗ればいい。

 

お金を払うのは苦痛だが、
それは最初に済ませてしまっているから、
後は好きなだけ楽しんで疲れたり飽きたら帰るだけ。

 

だけど阪神パークやファミリーランドは、
乗り物に乗ったりアトラクションを見るのに一々料金を支払う。

 

何かを見たり何かに乗ったりしようと思ったら、
毎回毎回懐具合と相談。

 

お陰で子供は乗り物に乗り、
お父さんお母さんは見物だけ、
というような光景がそこここにある。

 

「お金がもったいないから、
親はガマンして子供だけ乗せる」

 

そんな感じで子供だけが楽しみ、
親はぼんやりしている。

 

ウォルト・ディズニーがディズニーランドを構想したのは、
娘を連れて行った遊園地が、
連れて行った親たちには、
退屈きわまりないものであったからだという(←テキストA85ページ)。

 

「なんで子供を連れてきた親たちも、
楽しめるような遊園地がないのかね?」

 

お金の節約のために阪神パークやファミリーランドでは、
親と子供が楽しみを共有できなくなっているのだとしたら、
どうしようもない。

 

そういうところをディズニーランドやユニバーサル・スタジオは心得ている。

 

お金を払うのは最初だけ。
入場したらもうそういうくだらない葛藤は忘れてもらう。
そういう仕組み。

 

そして経験(エクスペリエンス)の印象を、
長つづきさせるための記念品を買ってもらう。

 

そこにしか売っていないという記念品を。

 

 

NEXT:スーパーだって入場料


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加