目標を達成できる人・できない人

相変わらず暑いね、ミキちゃん

 

「あずい??」

 

勉強は予定通り行ってる?

 

「いってない?」

 

ダメじゃないか、目標立てたんだろ?

 

「だって、あずいんだもん?」

 

ミキちゃんの目標って、何だっけ?

 

「イイ大学行って、いい男見つける?」

 

そのために、今何しないといけないんだっけ?

 

「センター試験対策のかんせ?」

 

具体的には?

 

「過去問で、英数で8割、他で7割くらいの点数を取る?」

 

で、実際は?

 

「数学はOK、英語は7割、他は6割くらい」

 

ダメじゃないか!

 

目標を立てたなら、いつどこで何をすればいいか、細かくやるべきコトが分かってるはずでしょ?
それを一つ一つやっていかないと。

 

「でも、そ?いうの、苦手なんだよね?ウチ」

 

苦手?

 

「なんていうか、勉強やって、過去問やって、点数が取れるとうれしいんだけど?、目標達成しても、あんまうれしくない」

 

うれしくない?

 

「なんかそ?言うのって、ウチらしくない。友達で、目標決めて、それに向かって頑張るってコもいるけど?、ウチそういうの苦手…」

 

う?ん…

 


ビジョン型と価値観型

もしかしてミキちゃんって、<ビジョン型>じゃなくて、<価値観型>なのかな?

 

「なにそれ?」

 

達成目標を決めて、それを達成するためにやるべきことを細かく分けて、それを一つずつ達成していくっていうやり方を<ビジョン型>っていうんだ。

 

こういう人は、細かな達成目標をクリアするたびに、ゴールに近づいているって言うのが実感できて、喜びを感じるんだそうだ。

 

でも世の中、そう言う人ばっかりじゃないよね。

 

目標立てて、それに向かっていく人って、どちらかというと実は少数派だよね。

 

世の中のほとんどの人は、夢や目標は持っていても実際は目の前にある作業を、ただやっているだけだ。
だけどそんな中にも、一流の人って言うのはたくさんいる。

 

たとえば武術研究家で有名な、甲野善紀さん。

 

最近は介護師の身体の使い方とか、スポーツ選手へのアドバイスでよくテレビに出ている。

 

今パイレーツで頑張っている巨人の元エース桑田投手なんかもお弟子さんの1人だ。他にも山ほどお弟子さんはいる。

 

でも甲野さんって言うのは、武術家としては強そうじゃない。お弟子さんも、武術以外の人が多いから、だからあの人は武術家じゃないっていう人もいる。

 

それもそのはずで、甲野さんってひとは、元々は合気道の修行をしていたそうだけど、江戸時代の武術家の技を再現することにしか興味がなくって、やめてしまったらしい。

 

江戸時代の剣豪小説や伝書などに出てくる技を、自分で再現してみようと思って道場を作り、稽古をしているだけだ。

 

で、今日はこれができた、今日はこういう新しい動きを見つけた…って、自分の中にある価値観を追求してきた結果、なんかえらく注目されるような立場になっちゃった。

 

まあ、センセーは高岡英夫さんとか甲野善紀さんの本は20年くらい前から読んでるから、目新しい感じはしてないけど

 

まあそういうわけで、こういう風に自分の価値観を追求して、一流になるタイプの人を<価値観型>って呼んで、<ビジョン型>と区別する。ヤンキースの松井選手も、こっちのタイプらしいね。

 

好きこそものの上手なれ…ということだね。

 

こういう人には、目標を細かく立てて、それを一つ一つ達成していくって言うやり方は、性格的に合わないかも知れないから、違うやり方を見つけるしかないかもね。

 

ミキちゃんも、自分がどういうコトに喜びを感じるか、ちょっと考えてみて。

 

この本が参考になるよ↓

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書

このエントリーをはてなブックマークに追加

Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策