難関大学の一次試験は簡単じゃない

ミキちゃん、テレビ東京の『豪腕コーチング』のスペシャル番組、見たかな?
「あ?、あれね。

 

芸能人が東大合格目指すってヤツでしょ?見た見た!」
去年は十人くらいの芸能人が挑戦して、合格どころか、1人も1次試験パスできなかった。

 

センター試験で点が取れずに、全員、足切りに引っかかっちゃった。

 

で、その中で、あきらめきれなかった5人が、もう一年勉強して、東大に挑戦するっていう企画だった。

 

予備校の先生が、最短距離の勉強を指導して、模試でもかなりいい成績を取らせていた。

 

「なんかスゴい番組だったね。

 

1人は模試でB判定まで出して。

 


そうだね。

 

でも、結果は…
東大合格B判定を出した芸能人は、なんと足切りにあってしまって、不合格。

 

2次試験すら受けさせてもらえなかった。

 

B判定までたたき出しておいて、2次試験すら受けられないとは…しかも、たった3点足りなくて…
「もう1人は、1次はパスしたけど、2次はダメだったね」
そうだね。

 


 

でも、普通に考えると、センターで点数が取れないと、合格なんて夢のまた夢だよ。

 

難関大を目指している受験生は、往々にしてこういうワナにはまるね。

 

2次試験の問題が難しいから、センター直前までついつい難しい問題ばかりやってしまって、いざセンター試験対策を疎かにする。

 

で、疎かにしているから、当然、点数が取れない。

 

2次で合格するためには800点前後必要なところが、700点とか750点しか取れずに、落ちてしまう。

 

センセーなんかも、現役の時と一浪後では、センター試験の合計点が100点も違っていたから、センターの準備がキチンとできているかどうかが、受験の大きな分かれ目だって身に染みてわかっているよ。

 

なにせ、センターでのビハインドは、数学でしか取り返せないけど数学で確実に高得点取れる人なんて、滅多にいないからね。

 

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策