物理の勉強法。要点を見ながら解くな

物理が苦手という人は、基本的に公式を書き出さないようだ。

 

一々参考書や問題集の要点を見ながら解いている人さえいる。

 

これでは、できるようにならない。

 

できるわけがない。

 

物理ができる人というのは、公式をキチンと覚えている。覚えている上に、それを書き出して、見ながら解く。

 

ココをいい加減にしていると、できるようにはならない。

 

それから物理が苦手な人は、式の変形や、数値の代入がダメな人が多い。

 

これって、中学一年生の一次方程式や、中学二年生の式の変形のところで、つまづいている。

 

恐らくこういう人は、連立方程式の代入法が苦手なはずだ。

 

式の変形や、変形した式の代入ができないと、物理の公式は使いこなせない。


公式書き出しトレーニングが必要!

数学や物理が苦手な人というのは、結局、公式を書き出すトレーニングをやっていない。

 

覚えておくべき公式というのは、物理の場合、そんなにたくさんはないのだが、しかし物理2まで進むと、結構ある。

 

となると、公式を覚えているかどうか、一々確認しておいた方が良い。

 

私が受験生時代にやっていたことは、B6の小さなリングノートに公式を全部書きだし、それを覚えると言うことだった。

 

できれば、その公式の導出過程も書いておいた方が良い。

 

なぜかというと、忘れていい加減なことをやると、公式を間違えてしまうからである。

 

まあとにかく、覚えておくべき公式は、確実に覚えて、問題を解くときには、その公式を必ず書き出して解くこと。

 

これを確実にやって欲しい。

 

センター物理で点数を取る必要があるなら、かならずやって欲しい。

広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策