寒くなるとよく眠れる = 理解力が上がる

 さて、いよいよ9月です。

 

 いよいよ受験勉強のシーズンが始まりました。

 

 今までいろいろ勉強してきたでしょうが、受験生の皆さんは、ここからです。

 

 夏の暑さは、勉強の妨げでした。

 

 いくらクーラーが良く効いた部屋で勉強したとしても、夏というのは眠りがやはり浅い。

 

 寒いときの眠りとは、眠りの質が違う。

 

 これから秋・冬にかけて、ドンドン深く眠れるようになります。

 

 そうなると、勉強もドンドンはかどるようになります。

 

 ここから効率よく勉強を進められるかどうかが、半年後の合格につながるのです。

 

 そのために、一ついいことを、お教えしましょう。

 

 To Do リストという考えです。

 


付箋(ふせん)とTo Do リストで、効率アップ。

 To Do リストとはなんぞえ?
 そう思う受験生の皆さんも、多いでしょう。

 

 それもそのはず、これはビジネスを効率よく行うためにつくるリストです。

 

 ちゃんとしたビジネスマンなら、一度は耳にしたことのある言葉です。

 

 To Doとは、「やるべきこと/やらねばならないこと」ということです。

 

 たとえば、以前紹介した「夢をかなえる勉強法」には、「まずは目次をコピーせよ!」という話が載っていましたね。

 

 受験生にとっては、参考書・問題集の目次なんかは、一つのTO DOリストです。

 

 これを TO DO リストにして、済んだものはドンドン線を引いたり、×印を付けて消していくわけです。

 

 ただこの方法には、いくつか問題点があります。

 

 まず、目次を使うので、それより細かくリストを作れない。

 

 次に、科目間の TO DO が、調整できないんですね。

 

 また、何か新しくやるべきことを思いついても、目次ですから追加しにくい。

 

 この問題点を解決するためには、付箋(ふせん)を使います。

 

 付箋というのは、親指くらいの大きさの、小さな短冊形のメモですね。

 

 もちろん、小さなメモをセロテープで貼り付けていってもいいのですが、それだと逆に使いにくい。

 

 2分の1サイズの、縦長の付箋が、使いやすいです。

 

それを使って、TO DO リストを作ります。

 


広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策