浪人の勉強法(2)?生活のリズムを作る

目標を定めたら、次は、生活習慣を一定にすると言うことが大事です。

 

浪人生活というのは、24時間自由な生活です。

 

自分でスケジュールを決めなければなりません。

 

高校時代は、とにもかくにも学校に行くという
決まり事があったわけですが、浪人は行かなくても良い。

 

高校時代は、眠くてもとにかく朝起きる必要があったのですが、そういうわけではない。

 

ここでまず崩れます。

 

予備校などに通うにしても毎日じゃないので、生活のリズムが崩れます。

 

なので何か自分にむち打つような習慣を作る必要があります。

 

犬を飼っているなら、犬の散歩でも良いし、ジョギングが好きなら、ジョギングでも良い。

 

アルバイトなら、アルバイトでも良い。

 

続きやすいのは、何か責任があるような仕事ですね。

 

それをやることに責任があれば、甘えずに続けることができます。

 


社会との接点を持つ

受験浪人というのは、身分としては、宙ぶらりんです。

 

高校生でもなければ、大学生でもない。

 

かといって社会人でもない。

 

身分を証明するようなモノが、何にもない。

 

これって結構、不安なものです。

 

だから、バイクの免許でも、パスポートでもとって、自分の身分を証明する証明書を作っておいた方が良いです。

 

それから、社会との接点を作ることも重要です。

 

家業があるなら、家業を手伝うことによって社会との接点ができますが、そうでなければアルバイトをするのも良いでしょう。

 

私が浪人していた時分には、アルバイトと言えば新聞配達くらいしか思いつきませんでしたが、今はコンビニもありますし、スーパーなどでも雇ってくれるでしょう。

 

あまり変な仕事はまずいですが、おばちゃん連中が働いているようなところなら、まず間違いなくプラスになると思います。

 

高校を出てしまうと、身体を定期的に動かすことがなくなりますので、仕事をして身体を動かすと言うことも大事です。

 


広告

オススメ 英語の基礎参考書

私立大学・専門学校 資料請求・願書


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策