ヤグチ君の新しい実家の話

ボクが大学に入った頃のことである。

 

ヤグチ君から「入学祝いをしてあげるから、ウチに来い」と招待されたことがあった。

 

ヤグチ君と言うのは少年時代を、同じ団地で過ごしたボクの友人である。

 

彼は前の年に現役で京大理学部に合格し、学者への道をばく進していた。

 

「幼なじみなんだし、これからまた同じ学校に行くんだから、いっぺん遊びにおいでよ」彼のお母さんにもそう誘われ、社交性の全くないボクも腰を上げた。

 

そうして建ててまだ二年ほどしか経っていないという、彼の新しい実家を訪ねたのだ。

 

当時の日本はまだ、高度経済成長の余韻が残っていた時代である。

 

バブルが発生する十年も前で、サラリーマンでも頑張れば、新興住宅地に安っぽい分譲住宅が買えた時代である。

 

だから彼の家もそう言う感じの建物かと思って訪ねたのだが、あにはからんや彼の新しい実家は、お父さんが知人に頼んで設計してもらったという、北欧風の白い瀟洒な建物だった。

 

一階は広いリビングルームになっていて、その奥はきれいなダイニングテーブルと、オレンジ色の吊りランプが据え付けられていた。

 

その奥には広めの台所と、食卓にも仕えそうなしっかりしたテーブルが設えてあった。

 

二階は家族それぞれの部屋になっていて、天井も充分高いスッキリしたいい作りになっていた。

 

まあもちろんそれはサラリーマンの建てた家だから、御殿と呼ぶような豪華なモノではなかったけれど、しかしそんじょそこらの安物の狭い建売り住宅とは全く違った、本当に雰囲気のいい建物であった。

 

「すごい良い家やなあ」。

 

そこはボクらが子供時代を過ごした
狭い3Kの団地とは全く異なる別世界であった。

 


ヤグチ君のお母さんにあいさつし、昼飯をご馳走になったあと、ボクらは二階に上がってヤグチ君の部屋で世間話をしていた。

 

確か大学の授業の仕組みとか、授業の登録の仕方とかプログラム電卓がどうとか、命題がどうたらこうたらとか言うような話だったように思う。

 

そんな話をしながらボクはなぜか落ち着かなかった。

 

というのもそれは彼の部屋がどうもえらくガランとしていて、空間が広すぎるような感じだったからである。

 

天井も高いしモノもあまり置いていない。

 

手を伸ばせばすぐに壁に触れるようなわが家とは違って、部屋の中でラジオ体操でも、太極拳でも剣道でさえもできそうなそんな感じだった。

 

3Kの狭い団地から広い二階建ての家に引越してきたのだから、部屋の中がガランするのは当たり前の事だったかも知れない。

 

がしかしそれにしてもかなりスッキリしすぎである。

 

だからボクは彼に、「あれっ本とかタンスとかはないのん?」と尋ねてみた。

 

「本?」彼は少し怪訝な表情を見せて聞き返したが、すぐに立ち上がって収納スペースだか本棚だかを開けて見せてくれた。

 

小学生の頃は毎週のように、それぞれの弟たちを引き連れて西宮の図書館に通っていたし、ヤグチ君は塾も家庭教師もなしで、大学に現役合格したようなヤツだったから、さぞかしたくさん本を持っているのかと思って、ボクはそう彼に尋ねたのだ。

 

だが驚いたことに彼の見せてくれたその本棚には、小学生の頃によく彼の部屋で見かけた、「ドリトル先生航海記」だとか「ファーブル昆虫記」などという本が、申し訳なさそうに何冊か並んでいるだけであった。

 

「たったこれだけ?」ボクが驚いてそう言うと彼は平然として

 

「だってたいていの本は図書館で借りて読めるし、中学・高校の参考書は弟が使ってるから、ここには大学の教科書とかこんな本しか置いてないんだ」
…とそう答えた。

 

確かにボクも中学高校時代はあまり本を買って読まなかったし、彼と同じように小学生時代に親にねだって買ってもらった、ナルニア国物語シリーズ以外には大した本は持っていない。

 

けれどまさか本棚にそれだけしか並んでないとは。

 

マンガや雑誌や文庫本で、部屋の中を埋めつくされている自分の部屋の様子を考えるにつけ、ヤグチ君の部屋の様子はボクにとっては大きな驚きであった。

 

「一体これはどういうことだろう?」。

 

ボクは何かそこに自分とは異質な価値観を持つ、かつての幼なじみを発見した。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加