2007京大英語・レビュー

 今年の京大英語を見て、ビックリしました。
 量が多い! とにかく訳す文章が長い。
 下線部和訳が、3~8行。具体的には、3行、5行、7行、4行、5行、8行。

 去年の大問1は、文系向けの難しい単語が並んでいましたが、さすがにできが悪かったのでしょう。今年は単語自体は、東大並みに簡単になりました。
 ただ、1つ1つが長い。これを自然な日本語になおすのは、至難の業。

 試しに、一番簡単そうな、最初の下線部和訳をやってみましょう。

The understanding depends upon its founding values, with the early experiences of infancy being the most critical for the formation of a social sense in a child, which is why parental concern for morality or the actual values adopted is vital.
(京大2007)

 単語のレベルとしては、合格英単語600の派生語くらいのレベルで、説明が必要な難しい単語はありませんよね。

 この部分より前の文章の概略も、書いておきます。

「社会というのは、共有された理解の上に築かれている。 それは世代から世代、親から子供に受け継がれることで、維持されている。 世界がどのようなものであるかという説明のみならず、 世界がどうあるべきであるかという深いことまで含んでいる」

 自然な日本語に、訳してみてください。

和文英訳も長い

 大問3の(2)、和文英訳の問題です。
 最近久しぶりに旅行して実感したのですが、田舎の夜空には星が驚くほどたくさん見えます。科学的に考えれば、汚染がなく空気がきれいだからでしょうが、風景はそれを見る者の心を映すとよく言われます。雑事に追われて忙しいだけの生活からしばしの逃避行を敢行したのあのときの私は、もしかしたら、めずらしく無邪気な子供のように心が澄んでいたのかもしれません。
 文章としては、何の変哲もない文章ですから、例年より多少簡単かもしれません。  でも、河合塾の評価は「やや難」です。 (和文)→(和文の核文)という変形は、さほど難しくないと思いますが、(英語の核文) → (英文)のところが、かなり難しそうです。

 ちょっと、和文の核文変形をやってみましょう。

 私は、実感した/最近旅行したとき/星が(より)たくさん見える/(旅行先の)田舎の夜空に/(都会・あるいは住んでいる場所よりも)
(星がたくさん見える理由は)/科学的な視点では/空気がきれい/汚れがない/(からだろう)

(だがしかし、それ以外にも原因・理由があるように思う)  

 目に見えるモノは/それを見るときの心理状態に影響される(依存する)/と、よく言われる/
 私はそのとき、無理矢理逃れていた/普段の忙しいだけの生活から/そのおかげで、子供のような無邪気な心理状態になっていた。
 そのような状態だったから/星が(都会に住んでいるときより)よりたくさん見えた/のかもしれない。


 ざっと、こんなかんじでしょうか。( )の中は、和文で省略されているだろう部分です。 

(だがしかし、それ以外にも原因があるように思う)の一文は、苦肉の策ですね。
 ここで何か接続詞を入れるだけで文章をつなげようとすると、後半の文章の順序を大幅に入れ替えなければならなくなるので、さすがにそれはまずいです。

 言い換えは、いろいろ考えられます。

 実感した → 深く感じた
 逃避行 → 無理矢理逃れた
 風景 → What we can see(私たちの目に見えるもの)
 科学的に考えれば → from point of scientic view,
 忙しいだけの生活 → うーん、忙しいこと以外は何もない生活かな?
 無邪気な心 → うーん、邪気のないこころ → pure mind ?

 後半の語句は、やっぱり難しいですね。 
 この辺は『40日完成・英作文パーフェクト演習』(桐原書店)なんかで、表現の幅を広げておかないと、難しいでしょう。

 ちなみに(1)はこれより長いんですが、京大英語では文章の構成力や表現力がものすごく大事です。
 英文や和文を、基本的な核文に分解・変形して、それを再構成する練習が不可欠でしょう。

総括

 京大の英語は、本文も短めになり、単語的にも簡単になったようですが、基本的な文章構成力に関しては、難易度は高いです。  英文和訳に関しては、自然な日本語で、完答をめざしてください。  和文英訳に関しては、英文の骨格をしっかり作って、6割程度の点数を狙うべきでしょうね。  来春、京大を受験するつもりのヒトは、文章に何が書かれているのか、骨格をつかむ練習を、目一杯やりましょう。

▼ 英文法はパス
http://hakase-jyuku.com/study/2004/09/post_40.html

▼ 東大・京大は、そんなに難しくない
http://hakase-jyuku.com/study/2004/09/post_43.html

▼ 記述試験で大事なこと
http://hakase-jyuku.com/study/2004/09/post_46.html


お薦め参考書一覧 → http://www.g-tools.net/9/14624/index.html

基礎からの英作文パーフェクト演習基礎からの英作文パーフェクト演習

■価格:1,260<円(税込)
■/桐原書店

地味に良い本。

この本はまず基礎的だけど英作文を書くために絶対に必要な英文法の解説、そして問題演習を挟んでから英作文の解説に入っている。そのため、英作文の解説もすんなり理解出来るし、適度に演習も出来る。この本を1冊キッチリこなせば(2?3周すればカンペキ)、少なくとも英作文が苦手で無くなる事はなくなる。内容と値段とバランスも良いので、とても大変好感が持てる本である。

ただ、問題なのはそのせいで参考書のページ数が膨大な量になってしまっているので、正味一年しか時間の無い受験生がやるのにはあまりオススメ出来ない。てか、この本にかかる負担が大きくなってしまい、他の科目に手をつける時間が無くなる恐れがある。しかし、時間のある高校一年生・二年生や英作文をやり直したい大学生がやる分にはとても適している。フィーリングが合えば使って損は無い本である事は間違いない。

詳しくはこちら

英作文のストラテジー英作文のストラテジー

■価格:900<円(税込)
■望月 嘉信/河合出版

濃い内容

まず1章で和文英訳の書き方の視点について説明し、2章で表現を150暗記させて、3章で演習という形になります。英作する上で間違いやすい事項について正誤問題がついているなど内容が濃い仕上がりになっています。

詳しくはこちら

大矢英作文講義の実況中継―高2~大学入試大矢英作文講義の実況中継―高2~大学入試

■価格:998<円(税込)
■大矢 復/語学春秋社

エッセンスをつかむ

分かりやすく、基礎から英作文を教えてくれる参考書です。
実況中継シリーズの特徴である読みやすさに加え、内容も、構文ごとに非常に分かりやすく整理されているのでとても学習しやすいと思います。
これ一冊勉強すればある程度英作文のつぼは見えるようになるでしょう。
読みやすいので、ある程度ささっと読んで何回か繰り返し読むと良いと思います。
これだけでは当然英作文の演習量が足りないので、まずはこの本でささっとエッセンスを得た後は問題演習に入りましょう!

詳しくはこちら